アプリではお得なキャンペーンをお知らせします

『最高還元率は驚異の14.0%』au PAY生活応援企画とは。還元率から対象の支払い方法まで解説

公開日:

更新日:

驚きの還元

2020年6月1日から実施されるau PAY生活応援祭について解説します。

最高で14.0%のポイント還元を得られる方法も説明していますので最後までご覧ください。

au PAY生活応援企画キャンペーンについて

対象期間

2020年6/1〜終了日未定

ポイント還元上限

1 au IDあたり3,000ポイント/月

※ポイント還元の上限は、本企画で還元されるポイントのみ対象です。(au PAY ベースポイント、au PAY カード通常ポイントには上限がありません。)

ポイント還元対象の支払い方法

au PAY(コード支払い)、au PAY プリペイドカード(QUICPay+)でのご利用含む)、au PAY カード(QUICPay+)でのご利用含む

au PAYのコード支払い以外にも、au PAYカードで支払った場合でも対象となります。

キャンペーンポイントの付与日

本企画で還元されるポイントは、Pontaポイントとしてご利用の翌々月末頃までに加算します。

ローソンがますますおトクになる

2020年5月21日に発表された内容によると6月1日以降はローソン・ナチュラルローソン・ローソンストア100でau PAYで払うと誰でも最低5.0%(ポイントカード提示分を含む)、さらに三太郎の日(3日、13日、23日)は最低でも8.0%(ポイントカード提示分を含む)がPontaポイントで付与されます。

この記事では通常日と三太郎の日に分けてポイント還元率などを解説していきます。

まずは全ユーザー対象となる通常日の還元率をご紹介します。通常日とは三太郎の日以外のことを指しています。

auの契約有無は通常日の還元率に関係しません。

全ユーザー「通常日の還元率」(三太郎の日以外)

支払い方法 auPAYベースポイント キャンペーンポイント 合計
auPAY
(コード支払い)
auPAY プリペイドカード


0.5%


3.5%


4.0%
au PAYカード
4.0%
4.0%

上記のように、どの支払い方法でも4.0%のポイント還元を受けれます。さらにau PAYカードの利用(au PAYへのチャージを含む)で1.0%還元されます。このほかにdポイントかPontaポイントを提示でさらに1.0%がポイント付与されます。

したがって最高還元率は6.0%となります。(キャッシュレスポイント還元事業を加味すると8%になります)

次は三太郎の日を解説します。au契約がない人の場合はどうでしょうか。

auユーザー以外「三太郎の日」

支払い方法 auPAYベースポイント キャンペーンポイント 合計
auPAY
(コード支払い)
auPAY プリペイドカード


0.5%


6.5%


7.0%
au PAYカード
7.0%
7.0%

どの支払い方法でも7.0%のポイント還元を受けれます。さらにau PAYカードの利用(au PAYへのチャージを含む)で1.0%還元されます。このほかにdポイントかPontaポイントを提示でさらに1.0%がポイント付与されます。

したがって最高還元率は9.0%となります。(キャッシュレスポイント還元事業を加味すると11%になります)

最後に三太郎の日でauユーザーの場合を解説します。

auユーザー「三太郎の日」

支払い方法 auPAYベースポイント キャンペーンポイント 合計
auPAY
(コード支払い)
auPAY プリペイドカード


0.5%


9.5%


10.0%
au PAYカード
10.0%
10.0%

どの支払い方法でも10.0%のポイント還元を受けれます。さらにau PAYカードの利用(au PAYへのチャージを含む)で1.0%還元されます。このほかにdポイントかPontaポイントを提示でさらに1.0%がポイント付与されます。

したがって最高還元率は12.0%となります。

キャッシュレス・ポイント還元事業で最高14.0%還元に!

2020年6月末までが期間のキャッシュレス・ポイント還元事業を利用することにより、その場でさらに2.0%の割引を受けることができます。

au契約があり三太郎の日に利用すると14.0%の還元を受けれることになります。

これはぜひ活用したいキャンペーンですね。

au PAY生活応援企画キャンペーンの注意点

au PAYは基本200円ごとに○○ポイント還元というように200円ごとに区切られます。例えば会計が399円の場合は、計算上200円として処理され、auユーザーが三太郎の日に購入したとしても20ポイントしか得られません。

コンビニは小額決済がメインですので、調整しながら200円単位で買い物をする必要があります。また30日は3がつきますが、三太郎の日ではありません。

キャンペーンページ

今、おすすめのお得なコード決済・クレカのランキング!

この記事のライター:てらりん / AI-Credit Chief Planner

AI-Creditのおすすめのテーマ