今、お得なコード決済・クレカのランキング!2019年10月版

公開日:

更新日:

AI-Creditがお届けする今月おすすめの決済方法です。

アプリでは店舗ごとにキャンペーンを掲載していますので、アプリ上でこれから行く店舗がキャンペーン対象かチェックしてくださいね。

2019年10月版をお届けします。10月1日から「キャッシュレス・ポイント還元事業」がスタートし、還元率や還元上限は複雑になります。還元上限を確認して様々な決済を使い分けることが求められています。

今月、数あるキャッシュレス決済の中でも手堅い決済方法はd払いです。d払いが9月から20%還元を継続していますので最強部類のコード決済です。10月14日がキャンペーン期限となりますが、11月・12月もキャンペーン実施を予告しています。また、10月後半は5%の還元が確定する楽天ペイもおすすめです。

キャッシュレス・ポイント還元事業の詳細を見る

コード決済の基本還元率の比較、使える代表的な店舗もまとめましたのでご覧ください。

スマホQRコード決済を比較【還元率、利用可能店舗まとめ】

目次

まだJCBカードを発行していない人はJCBカードを発行して20%還元の準備をしましょう

JCBの20%還元キャンペーン(最大10,000円をキャッシュバック)は、対象カードを持っている人が対象となります。JCB発行のクレカが対象の中心となっており、楽天カード等のJCB国際ブランドは対象外になっています。リクルートカードJCBは対象になっているので、リクルートカードユーザーは千載一遇のチャンスですね。キャンペーン期間は12月15日までとなりますのでまだ新規発行は間に合います。まだの人はまずは年会費無料のカードでチャンスを手に入れましょう。

リクルートカードは年会費無料です。また、通常のカードは支払いごとに100円単位でポイント付与されますが、リクルートカードは毎月の利用総額に対してポイント還元率1.2%です。他のカードでは切り捨てられてしまう部分が加算されますので、地味にポイントが貯まります。

年会費無料のリクルートカードJCBはこちら

他にもおすすめは、39歳以下のかたは年会費無料のJCB CARD Wカードです。

年会費無料のJCB CARD W

20%還元キャンペーンを適用させるには、

1.Apple Pay、もしくはGoogle Payに設定

2.キャンペーン参加申込

上記2ステップで完了します。

還元の上限は10,000円。

キャンペーン期間は2019年 8月 16日 (金) 〜 2019年 12月 15日 (日)。

QUICPay対応店舗で利用可能ですので、多くの店舗で利用可能です。コンビニに限定されない点も嬉しいです。

利用すべき決済の1位:d払い

10月はdocomo・auのキャリア系のコード決済がキャンペーンを開催します。d払いは10月14日(月曜祝日)まで20%還元キャンペーンを実施しています。コンビニに限定されず、店舗でもECサイトでも20%還元です。エントリーを見逃さないようにしましょう。上限は3,000ポイント(1回あたりの上限は1,000ポイント)ですので15,000円まではd払いでどんどん使いましょう。

利用すべき決済の2位:PayPay

PayPayは10月5日のPayPayチャンスもありますが、10月1日〜11月30日はPayPay残高もしくはヤフーカードの支払いで最大10%還元を実施します。(キャッシュレス・ポイント還元事業対象店舗)

付与上限は1回あたり1,000円相当まで、期間中25,000円相当までが対象です。10,000円を上限に250,000円まではPayPayで5〜10%還元でまかなえます。
PayPay iPhoneアプリ

PayPay Androidアプリ

PayPayの使い方、還元率は以下にもまとめましたのでご覧ください。

今更聞けないPayPayの基本

利用すべき決済の3位:交通機関はSuica

還元率こそ2.0%と低い還元率と見えますが、なんと言っても、Suicaで乗車で2.0%還元です。代替できない部分でSuicaを確実に使いましょう。

定期券も対象になります。モバイルSuicaかカード式のSuicaが対象となります。事前にJRE POINTのサイトでSuicaの登録が必要になりますので忘れないようにしましょう。

また、定期券購入でも2.0%のJRE POINTがたまります。これまで、定期券購入はJR東日本が発行するビュー系のクレジットカードで購入すると1.5%のJRE POINTが付与されていましたが、それを上回る還元率です。「すでに定期券購入してしまった」という人も安心してください。

おすすめは、定期券購入後のSuicaへのチャージは初年度年会費無料の「ビックカメラSuicaカード」を利用することです。そうすると、チャージでクレジットカードのポイントが1.5%、利用で2.0%のポイント、合計3.5%が付与されます。ビックカメラSuicaカードは1年に1回利用があれば、次年度は年会費無料です。普段からSuicaを利用している人なら簡単にクリアできる条件です。まずクレカデビューする人にも、おすすめのクレカです。

初年度年会費無料のビックカメラSuicaカード

利用すべき決済の4位:楽天ペイはキャッシュレス・ポイント還元事業加盟店以外でも5%還元確定

楽天ペイは爆発力のある還元率ではないものの、継続的に高い還元率を保っています。特に、他のコード決済サービスはキャッシュレス・ポイント還元事業対象の店舗での還元をキッカケに改悪(基本還元率ダウン)が目立ちましたが、楽天ペイは対象外の店舗でも5%還元を実施します。

期間は2019年10月1日(火曜)〜2019年12月2日(月曜)まで。

楽天ペイにはクレジットカード登録ができますが、アプリのアップデートにより3Dセキュア対応が必須となりました。Kyashを登録することができなくなりましたので、おすすめは楽天カードの登録です。今後も楽天ペイの利用は「楽天カードで支払い」が優遇されていくことが予想されます。

楽天カードは年会費無料で発行時にポイントプレゼントキャンペーンも実施しています。年会費もありませんので発行をしておいて損はないでしょう。

年会費無料の楽天カード

利用すべき決済の5位:au PAYをセブンイレブンで使う

2019年10月1日0:00~2019年10月14日23:59まで、au PAYはセブンイレブンで最大20%還元キャンペーンを実施しています。auユーザーでなくても、19%は獲得できるキャンペーンです。

キャンペーン期間中にau PAYサイト内キャンペーンページからau IDログインしてエントリーが必要となりますので忘れないようにしましょう。

最大20%還元のポイント配分は、セブン-イレブンでau PAY決済した17.5%のポイント分に加え、ベースポイント0.5%、スマートパスプレミアム会員(有料)1%、セブン-イレブンのキャンペーン期間中ポイントアップ1%を足した合計が20%です。au WALLET ポイントの付与上限は期間中合計3,000ポイントとなります。

利用すべき決済の6位:Kyash(クレジットカード紐付け)+Origami Pay

Origami Payはクレジットカード紐付けによる割引を2%から1%に下げました。ただ、キャッシュレス・ポイント還元事業の加盟店で利用すれば2%はプラスで還元されます。加えて、Kyash(1%)+クレジットカード(1%)を重ねていけば5%還元は確定します。

利用すべき決済 その他:LINE Pay・メルペイは店舗次第でチャンス、FamiPayは常にクーポンチェック

LINE Payは通常還元率に戻っていますが、10月18日〜31日にキャンペーンを実施するスーパー・ドラッグストアで利用すれば10%+マイカラーの還元、最大12%還元が実現します。対象店舗はオーケー、サミットストア、成城石井、東急ストア、ベイシア、ライフなど。

メルペイやFamiPayは大きなキャンペーンは終わりますが、クーポンチェックを忘れずにしましょう。還元率では計れない割引を提供してきます。

LINE Payの使い方、還元率は以下にもまとめましたのでご覧ください。

今更聞けないLINE Payの基本

ファミリーマートによく行く人は、ファミマTカードを発行しておいて損はないです。

年会費無料☆ファミマのお買い物でポイント最大5倍!ファミマTカード

2019年9月:最強の決済キャンペーン利用方法

9月13日(金曜)に、メルペイが9月18日〜30日に50%還元を発表し、今月ナンバーワン決済となりました。

9月5日(木曜)にd払いのキャンペーンを発表。9月14日(土曜)〜10月14日(月曜祝日)まで20%還元キャンペーン・他のd曜日等と併用可能のキャンペーンを打ち出しました。

一方でここ最近はクレジットカード会社の還元キャンペーンが目立つようになりました。JCB・AMEX・イオンカードは条件次第では20%還元を実現していますので該当のクレカを持っている人、もしくはこれから発行できる人は積極的に利用すべきタイミングです。クレジットカード会社のキャンペーンの優れている点は、「利用可能な店舗がコード決済より圧倒的に広い」「上限金額が高い」という2点が圧倒的な違いです。また、クレカで注目は、VISA LINE Payカードのエントリー開始、9月1日からはマルエツカードも申込開始します。

コード決済でここまで安定的にキャンペーン開催しているのはPayPay。9月のワクワクペイはついにスーパーへ進出。スーパーでPayPay利用できるのは、普段の買い物をしている人からすると嬉しいですね。ただ、ソフトバンク・Y!モバイルユーザー意外は還元率が最大5.0%・1回あたりの上限は500円還元(1ヵ月30,000円上限)となっているので注意しましょう。

また、引き続き、PayPay・LINE Pay・メルペイの3社合同のセブンイレブン100円還元キャンペーンは実施していますのでコンビニはセブンイレブンがお得です。

d払いのコンビニで20%還元キャンペーンは9月上旬は停止しますが、9月中旬から再開見込みです。コンビニ限定かは不明ですが、d払いは20%還元を継続見込みで時期を選べば、9月は最も熱い決済方法です。

利用すべき決済の1位:メルペイ(初本人確認の方に限ります)

2019年9月18日〜30日の期間、メルペイは50%還元キャンペーンを開催します。

条件は本人確認が完了していることで、支払い方法はメルペイ残高払い・メルペイ後払いが対象となります。還元の上限は3,000ポイントとなり、金額にして6,000円相当となります。

<対象は初めての方に限ります>

(A) キャンペーン期間中に、初めての「本人確認」(お支払い用銀行口座の設定もしくは「アプリでかんたん本人確認」) を完了したお客さま:キャンペーン期間中のメルペイ残高払いまたはメルペイあと払いでのお支払いがポイント還元対象となります。

※「本人確認」完了前のお支払いはポイント還元の対象になりません

(B) キャンペーン期間以前に「本人確認」を完了しているお客さまのうち、キャンペーン期間中に初めて「お店でのあと払い設定」を完了したお客さま:メルペイあと払いでのお支払いのみ、ポイント還元対象となります。

以下のいずれかに該当するお客さまはキャンペーン対象外です。

・キャンペーン期間以前に「本人確認」および「お店でのあと払い設定」をいずれも完了しているお客さま
・18歳未満のお客さまおよびメルペイの利用ができないお客さま

対象外の購入となるのは、メルカリの購入とSuicaのチャージ。

利用すべき決済の2位:d払い

9月14日(土曜)〜10月14日(月曜祝日)まで20%還元キャンペーン・他のd曜日等と併用可能のキャンペーンを打ち出しました。コンビニに限定されず、店舗でもECサイトでも20%還元になるのでエントリーを見逃さないようにしましょう。これは9月最強クラスのキャンペーンです。上限は3,000ポイント(1回あたりの上限は1,000ポイント)ですので15,000円まではd払いでどんどん使いましょう。

利用すべき決済の3位:イオンカード新規発行 20%還元

イオンカードの入会期間7月1日(月曜)〜9月30日(月曜)までのかたに実施している20%キャッシュバックキャンペーン。まだ間に合います。

最後のキャンペーン適用期間は、9月24日(火曜)〜9月30日(月曜)までの利用に対してとなります。

このキャンペーンの特徴は、コード決済サービスと異なり、ひとりあたりのキャシュバック上限金額が100,000円までと高額なことです。高い買い物で20%OFFはなかなか実現できません。イオンはコンビニよりも品数も豊富です。実用的なキャンペーン、少し大きな買い物の計画がある方はここを利用しましょう。

年会費無料のイオンカード

利用すべき決済の4位:JCBカード、全員に20%還元キャンペーン

こちらはJCBの対象カードを持っている人が対象となります。JCB発行のクレカが対象の中心となっており、楽天カード等のJCB国際ブランドは対象外になっていますので注意しましょう。リクルートカードJCBは対象になっているので、リクルートカードユーザーは千載一遇のチャンスですね。

キャンペーン適用させるには、

1.Apple Pay、もしくはGoogle Payに設定

2.キャンペーン参加申込

上記2ステップで完了します。

還元の上限は10,000円。

キャンペーン期間は2019年 8月 16日 (金) 〜 2019年 12月 15日 (日)。

QUICPay対応店舗で利用可能ですので、多くの店舗で利用可能です。コンビニに限定されない点も嬉しいです。

おすすめは、39歳以下は年会費無料のJCB CARD Wカードです。

年会費無料のJCB CARD W

利用すべき決済の5位:AMEX、20%還元

事前エントリーした上で、9月3日~9月30日に対象店舗で利用した場合、20%還元されます。還元の上限は2,000円とやや低めです。

対象のカードは、

・ アメリカン・エキスプレス・インターナショナル
・ 株式会社クレディセゾン
・ 三菱UFJニコス株式会社
・ 株式会社エムアイカード

となります。利用店舗は35,000とかなり多いのでAMEXユーザーはエントリーしておいて損はないでしょう。

こちらもJCB同様に楽天カード等、除外されるカードがありますので対象カードの確認をするようにしましょう。
AMEXは年会費がかかるカードですが、空港ラウンジを利用でき利用上限金額も高め(デポジットで利用限度額を上げることができる)なことがメリットです。

AMEXはこちらから

三井住友カードも新規発行+Vpass利用で20%還元開始

三井住友カードは9月2日から新規発行をしてVpass(クレジットカードの利用管理画面)を利用したかたを対象に20%還元を開始しました。対象は発行から2ヵ月の利用に対してとなり、還元の上限金額は12,000円となります。つまり、60,000円までは還元対象です。

2019年9月2日~12月27日のカードお申し込み分が適用となります。

三井住友カードは不正利用対策もしっかりとされている為、安心のブランドが特徴的です。

参考記事:24時間監視システムで不正利用対策バッチリ【三井住友VISAカード】

三井住友VISAカード券面画像

 

引用:https://www.smbc-card.com/index.jsp

新規発行は20%還元!三井住友カード公式サイト

利用すべき決済の6位:PayPayのワクワクペイ利用

9月2日(月曜)から10:00〜14:00でお得になるワクワクペイが開催されます。ソフトバンク・Y!モバイルユーザーは還元率10%・1回の上限還元は1,000円相当です。それ以外のユーザーは還元率5.0%・1回の上限還元は500円相当です。

対象スーパーは、

・アスタラビスタ

・イトーヨーカドー

・OK

・カブ

・コープあいち

・コープさっぽろ

・サニー

・サミット

・サンプラザ

・西友

・相鉄ローゼン

・大黒屋

・たじま

・東急ストア

・ハローマート

・ベニーマート

・マルハチ

・ヨークマート

・ライフ

など、大手スーパーも参画しています。

しっかり上限まで利用しましょう。

年会費無料のヤフーカード

PayPay iPhoneアプリ

PayPay Androidアプリ

利用すべき決済の7位:LINE Pay

9月15日(日)まで、セブンイレブンの支払い方法にLINE Pay・PayPay・メルペイを利用すると、101円以上の決済に対して100円還元を実施しています。

ここは固く利用していきましょう。毎週ドリンク3本(各決済バラバラに)でもお得になりましょう。

利用すべき決済:Origami Pay + Kyash + クレカ

還元率が徐々に落ち着いてきている中、そうなるとベースが高い決済方法が浮上してきます。キャンペーンエントリーも不要なこの支払い方法は、迷ったら、ここでもいいでしょう。

Origami Pay 2% + Kyash 2% + クレカ 1%台で5%程度の還元率となります。

まずは、自分の持っている決済手段を見て、キャンペーン対象店舗を眺めてみましょう。

2019年8月:最強の決済キャンペーン利用方法

いま、もっともお金を投資しているのはPayPayです。

PayPayは8月もメイン利用の候補。
でしたが、2019年8月1日から一気にコード決済各社のキャンペーンが正式に公開されていきました。筆頭はメルペイ。店舗によっては70%還元になります、還元の上限は1,500ポイントまでですが必ず使いましょう。どんなセールの時でも、なかなか出ない数字です。また、d払いも8月13日からコンビニで20%還元キャンペーンを発表しました。d払いは還元の上限ポイントが高いのが特徴で5,000ポイントまで還元されますので使わない手はありません。d払いのキャンペーンはエントリー必須なのでお忘れなく。

そして、メルペイとd払いで期間がずれていますので、これが今回は嬉しいところ。メルペイのキャンペーンが8月1日〜8月11日。d払いが8月13日〜8月31日です。両方をうまく使い分けましょう。

還元率を常時上げ続けてシェアを取りにきています。ランチタイムに還元率を上げてきていますので、還元ボーナスの上限に注意して毎日ランチタイムにPayPayを利用しましょう。

キャンペーン開催も豊富 & 3.0%還元以上が確定するPayPay。ワクワクペイは毎月どこかでお得になれます。

PayPay iPhoneアプリ

PayPay Androidアプリ

(8月のキャンペーンはまだこれから出てくる可能性が高いので随時更新します)

利用すべき決済の1位:PayPayをランチに利用する

8月1日(木曜)〜31日(土曜)の11:00〜14:00のランチタイムに最大10%還元を実施します。ソフトバンクユーザーもしくはYahoo!プレミアム会員、ヤフーカードユーザーであれば最大20%還元になります。
ポイント還元の上限はソフトバンクユーザー・Yahoo!プレミアム会員・ヤフーカードユーザーが2,000円相当、その他のユーザーは1,000円相当となります。
つまり、現金でPayPay残高にチャージしているかたは、10,000円の利用まではお得になります。

今回のワクワクペイは対象店舗がセブンイレブンい限らず、Family Mart・LAWSON・ミニストップ・セイコーマート・ポプラ・OK・松屋と多く、使い道も多彩です。10,000円、十分に使いきれるでしょう。

また、8.12(月)0:00〜9.15(日)23:59はLINE Pay・PayPay・メルペイで101円以上の決済に対して100円還元を実施しています。付与限度額は300円/週となり、期間合計1,500円の還元を得られます。1回あたりの還元額はあまり大きな額ではありませんが、1,000円の買い物で還元率10%に相当します。

横浜中華街や虎ノ門1丁目、西新橋1、2丁目付近の店舗でエリア限定の還元も行っていますので、お店を歩きながらチェックは欠かせません。

これだけキャンペーンが乱立されるのであれば、ヤフーカード発行しておいて損はないでしょう。年会費無料です。

年会費無料のヤフーカード

PayPay iPhoneアプリ

PayPay Androidアプリ

利用すべき決済の2位:メルペイ

以下のように70%還元を実施しています。そして、コンビニに限らず、吉野家・マクドナルドでも実施しているので利用しやすいのが特徴です。後払いの設定が必要なこと、当初は上限が1,000円までの利用となりますのであらかじめ設定しておきましょう。

開催期間:2019年8月1日(木)〜8月11日(日)
対象の支払い方法:メルペイを用いた「メルペイあと払い」
対象のお店:セブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、デイリーヤマザキ、ポプラグループ、吉野家、マクドナルド
最大付与ポイント:期間中 1,500ポイントまで

利用すべき決済3位:d払い

メルペイの還元祭りが終わった後には、8月13日〜31日の「コンビニで20%還元」キャンペーンを利用しましょう。対象店舗は、LAWSON、ローソンストア100、Family Mart、ポプラ、生活彩家、くらしハウス、スリーエイト、ミニストップとなっています。このキャンペーンはエントリーが必須ですのでお忘れなく。

他にも、ドコモユーザーであれば、「d POINT CLUB」でdポイントを鍛えて、7%還元を確定させましょう。
さらに、+3%還元を8月実施しますので、合計10%還元が通常利用で手に入ります。10%の無双状態になるのであれば、d払いも積極的に利用すべき決済方法です。

d POINT CLUBでのdポイント付与条件は以下です。

  • 当月のdポイントクラブの会員ステージがプラチナステージであること +1%
  • 前月末時点でドコモのご利用料金のお支払いにdカードを設定していること +1%
  • 前月末時点でいずれかの月額課金サービスのご契約があること、または前月中にいずれかの都度課金サービスのご利用があること +2%
  • いちおしパックに前月末時点で契約していること + 1%
  • DAZN for docomoに前月末時点で契約していること +1%
  • Disney DELUXE for docomoに前月末時点で契約していること +1%

最後の4つは、必要なければ契約しない方がいいですが、dポイントクラブをプラチナステージまで上げてdカード・dカードGOLD払いにすることは、ドコモユーザーであればやるべき施策です。+2%は確定させて、キャンペーン時には最低でも5%還元となりましょう。

dカード GOLD公式サイトはこちらから。
ドコモ利用料金が10%還元!
(「dカード GOLD特典」としてのポイント進呈(9%)と、dポイントクラブ会員を対象としたポイント進呈(1%)の合計となります)

利用すべき決済の4位:LINE Pay

LINE Pay、メルペイは上記の通りセブンイレブンで100円還元を実施しています。細かい買い物にはこちらを利用しましょう。

また、LINEは8月からLINE社が発行するクレジットカード申込のエントリーを開始します。こちらは、LINE Payユーザーは必携のカードになるはずです。チェックしておきましょう。

利用すべき決済の5位:Origami Pay

Origami Payは2019年8月1日(木)~2019年8月7日(水)の期間、ウエルシアグループで使える50%OFFクーポンを配布しています。利用制限は2回までです。注意点としては、1,000円まで50%OFFという点です。1,000円以上は500円引きになります。

利用すべき決済:au Pay(auスマートパス会員であれば)

auユーザーは引き続き、3が付く日の三太郎の日が20%還元となりますので、ここは必ず利用しましょう。auスマートパスは、三太郎の日に100〜200円相当の無料クーポンを配布していますので、月額費用は回収できます(稀に、ユニクロのシャツがもらえる週もあります)。

引き続き、イオンカード20%キャッシュバックも実施中

イオンカードでは、以下対象者に対して最大20%還元を実施しています。

  • イオンマークのついたカードに新規入会
  • イオンウォレットでキャンペーン応募
  • 引き落とし口座にイオン銀行口座に設定

入会期間は9月30日までとなり、利用対象期間は8月25日(日曜)〜8月31日(土曜)と9月24日(火曜)〜9月30日(月曜)となります。

>イオンカードをまだお持ちでない方はこちらから

2019年7月:最強のコード決済キャンペーン利用方法

今月は、なんと言ってもd払いが無双状態です。どこで利用しても20%還元で上限は10,000ポイントまで付与されます。

次いで、セブンイレブンとLINE Pay・メルペイ・PayPayが展開する20%還元は利用しない手はありません。

対象ポイントの上限ギリギリまで利用するのも大事なことなのでキャンペーン期間や上限ポイント、ポイント対象外となる購入商品はチェックしておきましょう。

利用すべき決済の1位:d払い

d払いは7月1日〜7月31日まで20%還元キャンペーンを実施しています。

d払いと聞くとdocomoユーザーだけの支払い方法と勘違いしがちですが、他キャリアの方も利用可能な決済です。
要エントリーのキャンペーンとなりますので、利用開始と同時にキャンペーンエントリーを忘れないようにしましょう。

今回の推しポイントは「コンビニに縛られず、どんな支払いも20%還元」というのがポイントです。

獲得ポイントの上限は10,000ポイントです。つまり、50,000円の利用まではd払いをすれば20%還元確定で10,000円分のdポイントが付与されます。9月30日以降に付与されます。

さらに初回利用者には300ポイント分のポイント付与があり、d曜日(今月は金曜・土曜)に支払いをすると最大25%還元が実現します。

また、d払いはクレジットカードで支払いが可能です。クレジットカードのポイントも付与されます。(2019年7月時点)

利用すべき決済の2位:7月11日〜7月21日のセブンイレブンはPayPay・メルペイ・LINE Pay

すでに予告がされているキャンペーンですが、セブンイレブンは7月1日からコード決済の支払いに対応を開始しました。

7月11日から7月21日のキャンペーン時には、還元率が最大20%になりますのでセブンイレブンでコード決済をしましょう。

注意点としては、各社のサービスで上限が1,000ポイントとなります。つまり、利用額は5,000円までとなります。3サービスありますので、15,000円分はその期間にセブンイレブンで購入しておきたいところ。
各コード決済サービスごとに20%還元の条件が異なりますのでキャンペーン内容はチェックしましょう。

利用すべき決済の3位:FamiPay(7payは不正があり、離脱)

3位はFamiPayです。7payはクレジットカードの不正利用があり、残念ながら離脱。新規登録ができない状況です(2019年7月4日時点)。
FamiPayは200円(税込)利用につき1ポイントのFamiPayボーナスが貯まります。基本のポイント還元率は0.5%。

このアプリのいいところは3つ。

  1. Family Martで利用できるクーポンが配信されます。特に今は、ダウンロードだけで飲料が無料でもらえます。
  2. 現金チャージで10%還元、ファミマTカードでチャージすると15%還元です。
  3. FamiPayは収納代行の支払いにも利用ができます。ポイントを貯めて電気代を払う、ということもできます。

7月の最強の使い方は、ファミマTカードで還元ポイント上限の金額20,000円(3,000円還元上限、現金の場合は2,000円上限)をチャージして収納代行に当てることです。収納代行は1件につき10ポイントのボーナスがもらえます。

また、7月5日・13日はクーポン配布が予告されています。無料で商品交換ができると予想されますので見逃さないようにしましょう。

利用すべき決済の4位:auユーザーなら三太郎の日は迷わずau PAYで20%還元

auユーザーのかたは、au PAYの利用がおすすめです。
毎月3日・13日・23日はau PAYの支払いで20%還元をしています。3の付く日に利用しましょう。

au PAYは楽天ペイと提携をし、利用可能な店舗が広がっています。コンビニではLAWSONが利用しやすい店舗です。

auユーザーは以下も用意してお得になりましょう。

  1. auスマートパスに入る:割引やクーポンがあり月額は回収できます
  2. au WALLETクレジットカードを持つ:月に9,000円以上の携帯料金の人はゴールドカードでも年会費をポイント還元で補えます
  3. au PAYにau WALLETクレジットカードを紐づけておく

三太郎の日は、必ず何か無料でもらえるクーポンが配布されます。
UNIQLOのシャツが無料配布された時もありました。

貯まったポイントは支払いに当てることができます。「ポイント運用」というものもあり、100ポイント単位で資産運用が可能です。資産運用にハードルを感じている人も、ポイントで運用を始めてみるのもおすすめです。

利用すべき決済の5位:PayPayはワクワクペイでランチがお得!

PayPayは「ワクワクペイ」という毎月のキャンペーンを開始しました。

7月は特定のお店でランチが還元率10%(ヤフーカードユーザー、Yahoo!プレミアムユーザー、ソフトバンクユーザーは20%還元)になります。付与ポイントの上限は通常ユーザーで1,000円までとなりますので、10,000円までは最大にお得になれます。

対象店舗の代表的なお店にはかっぱ寿司や牛丼の松屋、フレッシュネスバーガーなどがあります。普段からランチで行くお店の人はPayPayを最大限利用しましょう。

利用すべき決済の6位:Origami Pay、楽天ペイ

これまで挙げてきたコード決済と比べるとキャンペーンのパワーは落ちますが、ベースの還元率が高いのがOrigami Payと楽天ペイです。

ただ普通に使うのではなく、クレジットカードの紐づけを工夫するのをお忘れなく。

楽天ペイは、楽天カードと紐づけて利用すると5%還元です。5%還元は通常のクレジットカード利用では出せない還元率です。

Origami Payは通常利用で2%割引になります。さらに、クレジットカードにはKyashというVISAプリペイドカードを紐づけ、Kyashには1%台の還元率のクレジットカードを紐づければ5%以上の還元になります。

その他:イオンカードキャンペーンやLINE PayのPayとくも見逃せない

コンビニのキャンペーンが目立つ中、イオンでもキャンペーンが行われています。
コード決済ではなく、クレジットカードの新規発行キャンペーンです。これまで「20%還元」は夢のような還元率でしたが、クレジットカードもついに20%還元キャンペーンを開始しています(三井住友カードも条件次第で20%還元を実施しています)。

>イオンカードをまだお持ちでない方はこちらから

まとめると以下の2つも見逃せないキャンペーンとなります。

  • 月末にはLINE Payが「Payトク」というキャンペーンを毎月開催しています。20%還元を今月も開催するのか
  • イオンカードの新規発行者は最大20%キャッシュバックを実施しています。イオンカードを持っていない人はおすすめです。イオンではたくさんの商品が買えるので使い道が広いのが嬉しいですね。入会期間は2019年7月1日(月)~2019年9月30日(月)です。キャッシュバック上限金額は10万円と大きいのも特徴的。

様々なキャンペーンが行われている今のうちにお得な決済方法で還元を得ましょう。

月収や年収の単位で20%改善されたら非常に大きいものです。

あくなきお得への挑戦、キャッシュレス時代の今だからこそ、消費税の増税を控える今だからこそ、チャレンジしましょう。

AI-Creditアプリは、コード決済・クレカを利用できる店舗を探せる「キャッシュレスマップ」です。

>>AI-Creditアプリ「キャッシュレスマップ」はこちらから

コード決済・クレジットカードの新着記事一覧
AI-Creditのおすすめのテーマ