更新日:2018.10.14

「Kyash」がGoogle pay対応!2%還元も適応される

バーチャルVISAカードを提供するウォレットアプリ「Kyash」がGoogle Payにも対応を開始しました。Kyashの利用特典、使った金額の2.0%をKyash残高としてキャッシュバックされるサービスも適応対象になります。これにより、QUICPay対応の店舗でも、「Kyash」を使って決済ができるようになりました。

Kyash Google Pay対応イメージ画像

引用:http://news.kyash.co/post/178876958979/google-pay

Google payで「Kyash」を使えるようにする方法

「Kyash」をGoogle Payで利用するためには、事前の登録が必要です。

Google PayでKyashを使う方法・手順

  1. 「Kyash」アプリをダウンロード。アプリ内で「バーチャルVISAカード」を発行します。
  2. 「Kyash」アプリ内で、VISAかMastercardのカードを連携、もしくはコンビニや銀行でもチャージすることができます。(この際、すでにアプリを持ってる方は、アップデートをするだけでGoogle Payでも使えるようになります。)
  3. Google Payアプリ内でのお支払い方法メニューで「Kyash」を登録します。
  4. 支払い時、QUICPayで支払うことを告げ、スマホを店舗にある端末にかざすことで支払いが完了します。さらに、オンラインで決済する際は「Google Pay」を経由して「Kyash」で支払うことで完了します。

以上の手順を踏むと、Google payを経由してKyashを利用することができます。これで、Kyashの利用特典「全体利用額の2%を、Kyash残高として還元」されるサービスも受けられます。様々な場所で使えるGoogle Payですが、それに対応したKyashの利用幅も一気に広がることになります。

Kyashは登録のクレジットカードのポイント還元も得られるカードです。
高還元クレジットカードやメインカードを登録してポイント2重取りを忘れずにしましょう。

お得なサービスがよりお手軽に受けられることは、いいニュースですね。これを機会にKyashを試してみてはいかがでしょうか。

>>関連記事:【実験】Kyash +楽天ペイは最強の黄金ルート?ポイント3重取りを実現できるのか?

自分に合ったクレジットカード探しに
「クレカ診断」

いかがでしたでしょうか?
ライフスタイルに合わせたクレジットカード選びがお得に生活をするポイントになります。

クレジットカードを利用すると日々のお得に気づきます。クレジットカードを利用することで様々な家計簿アプリで自動に出費管理がしやすくなりますので、「使いすぎがこわい」という人には返って日々の出費チェックもしやすくなります。何も考えずに現金を使っていたことを後悔することもあります。出費をしっかりと管理すればクレジットカードは強い味方です。

ただ、クレジットカードは発行会社が無数にあり、どれが自分に最適か調べるのも困難です。情報は日々更新され、新しいクレジットカードも毎年発行されています。

AI-Creditではあなたのライフスタイルを元に、最適な決済方法・クレジットカードをご提案します。 簡単クレジットカード診断を受けてみましょう。