更新日:2019.01.04

キャッシュバック2.0%!高還元の黄金ルート「Kyash」の盲点はJCB非対応

Kyash VISAカード券面画像(引用)

引用:https://kyash.co

Kyashはチャージ型で利用できるプリペイドカードです。

チャージにクレジットカードを利用でき、クレジットカードの利用にポイントが付与され、なおかつ利用額に対して2.0%のキャッシュバックが特長です。
還元率としては、「Kyashの2.0%キャッシュバック + クレジットカード利用のポイント」でポイント2重取りになります。
 
kyashの還元率イメージ図
 
還元率が高いのはもちろんですが、「メインカードとして利用しているクレジットカードの利用額も上がる」というのはポイントのひとつです。メインカードとして利用するクレジットカードは一定額を利用しなければ最高のお得にたどり着けないカードもあります。

コード決済のLINE Payや楽天ペイは還元率を上げているのでお得ではあるのですが、利用できる店舗がまだ限定的なところがネックです。

その点、KyashはVISAプリペイドカードですので、VISAを利用できる店舗では基本的にどこでも利用できます。

ここまでは万全に見えるKyashですが、盲点がJCBブランドのカードに非対応な点です。

国際ブランドのVISA/Mastercardには対応していますが、JCBに非対応です。JCBブランドのカードがメインカードの人は、サブカードのVISA/Mastercardを登録せざるを得ず、どうしてもKyashに踏み出せない理由かもしれません。

JCBブランドの中でも、特に利用者も多いと予想される楽天JCBカード。何か対策がないか実験してみました。

楽天バーチャルプリペイドカードで抜けられるのでは?

楽天バーチャルプリペイドカードは、Mastercardブランドのプリペイドカードです。楽天JCBカードからチャージができるのが特長です。

そこで、楽天JCBカードでMastercardの楽天バーチャルプリペイドカードにチャージをして、楽天バーチャルプリペイドカード経由でKyashにチャージできないか実験をしました。(下図参照)
実験の根拠としては、楽天バーチャルプリペイドカードはau WALLETプリペイドカードにチャージをしてポイントが2重に貯まる黄金ルートを持っています。

が、結論としてはプリペイドカードではKyashにチャージはできませんでした。
 
楽天バーチャルプリペイドカード還元イメージ図
 
登録はできるのですが、
 

Kyash登録画面

 
プリペイドカードはNGでした。
 

Kyashクレカ登録画面NG

 
JCBブランドのクレジットカードがメインの方は、KyashのJCB対応を待つしかないかもしれません。
プリペイドカードルートはチャージができません。

このような時の為に、国際ブランドは複数種類を持っておくことをおすすめします。

おすすめはKyashにエポスカードを登録して、年間100万円のハードルをクリアして年会費無料でエポスゴールドカードを利用することです。Kyashは、とにかくポイントを2重取り以上できる希少なカードです。

【2018年版】年会費無料も!これがゴールドカードの最強ベスト!年会費無料にする方法を紹介

【実験】Kyash +楽天ペイは最強の黄金ルート?ポイント3重取りを実現できるのか?

自分に合ったクレジットカード探しに
「クレカ診断」

いかがでしたでしょうか?
ライフスタイルに合わせたクレジットカード選びがお得に生活をするポイントになります。

クレジットカードを利用すると日々のお得に気づきます。クレジットカードを利用することで様々な家計簿アプリで自動に出費管理がしやすくなりますので、「使いすぎがこわい」という人には返って日々の出費チェックもしやすくなります。何も考えずに現金を使っていたことを後悔することもあります。出費をしっかりと管理すればクレジットカードは強い味方です。

ただ、クレジットカードは発行会社が無数にあり、どれが自分に最適か調べるのも困難です。情報は日々更新され、新しいクレジットカードも毎年発行されています。

AI-Creditではあなたのライフスタイルを元に、最適な決済方法・クレジットカードをご提案します。 簡単クレジットカード診断を受けてみましょう。