アプリではお得なキャンペーンをお知らせします

【LINEクレカ改悪】還元率ダウン・ポイントクラブ・マイランク終了 5月1日から

公開日:

更新日:

【LINEクレカ改悪】還元率ダウン・ポイントクラブ・マイランク終了 5月1日から

Visa LINE Payクレジットカード(通称LINEクレカ)は還元率3%のクレジットカードです。が、それは2021年4月30日までのキャンペーンとなり、それ以降、5月1日からは条件変更が発表されています。

主な変更点は以下となります。

・ポイント還元率2%に変更

・LINEポイントクラブの終了

・マイランクの終了

・チャージ&ペイの還元率変更

・LINE Pay特典クーポンの変更(やや改悪気味)

となります。

この変更は、改悪となる点もありますが、改悪されても使い続けても十分にお得な点もあります。

今後は、LINEクレカの使う場所を考えていく必要があります。

この記事では、LINEクレカの条件変更に伴う、お得で最適な支払い方法プランをご紹介します。

LINEクレカの還元率ダウン

最も大きな変更点は、LINEクレカの基本還元率のダウンです。

3%の還元率が2%に変わります。期間は2021年5月1日〜2022年4月30日と発表されていますが、期間は変更の可能性もあります。

還元率2%とダウンとなりますが、依然として高還元率であることは変わりません。参考に、他のクレジットカードの基本還元率を参考にしてください。

カード名 基本還元率
リクルートカード 1.2%
楽天カード 1.0%
三井住友カード(NL) 0.5%

他のクレジットカードより、還元率は2倍以上にもなります。

ただ、2%になったことで、特定の店舗ではLINEクレカよりお得な支払い方法があります。

QUICPay利用可能なお店では「セゾンパール」が3%還元

セゾンパール・アメリカン・エキスプレスカード券面画像

全国121万店舗以上で利用可能なQUICPay。

QUICPayはスマートフォンにクレジットカードを登録をすれば、Apple Pay / Google Payで決済が可能な支払い方法となります。非接触決済とも言われ、コロナ禍で注目されている支払い方法でもあります。

そのQUICPayで利用すると3%還元になるクレジットカードが「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」です。QUICPay(Apple Pay / Google Pay)が利用可能な店舗は、LINEクレカよりお得になります。

特徴は以下となります。

特徴 詳細
還元率 基本還元率は0.5%ですが、QUICPayで利用すると3%還元となります
年会費 初年度無料、翌年も前年度に利用があれば年会費無料になります
発行までの期間 ネット口座の準備があればデジタルカードは5分で発行可能です
セキュリティ ナンバーレスのデジタルカードは券面に番号記載もありません
貯まるポイント 永久不滅ポイントでポイント有効期限なし

QUICPay利用可能な店舗は、主要コンビニはもちろん、ディズニーランドなどの行楽施設、スーパー・ドラッグストアでも利用可能です。キャンペーン対象となるのはApple Pay / Google Pay利用となります。

仮に年間10万円とするとどれぐらいお得になるかシミュレーションしてみましょう。

現在のクレジットカードの還元率

楽天カード1%、三井住友カード0.5%
リクルートカード1.2%

現在のクレジットカードの年間利用額
現在の還元額はこちら
セゾンパールAMEX QUICPay(Apple Pay / Google Pay)で支払った場合の還元額
差額
こんなにお得に!

セブンイレブン・ローソン・マクドナルドは三井住友カード(NL)

三井住友ナンバーレスカード

三井住友カード(NL)は「ナンバーレスカード」と言われる、2021年2月に発行された新しいクレジットカードです。

このクレジットカードは、以下の条件で5%還元となります。LINEクレカの2倍以上の還元率となる店舗があります。

特徴 詳細
還元率 基本還元率は0.5%ですが、セブンイレブン・ローソン・マクドナルドでタッチ決済で5%還元となります。
対象決済 「タッチ決済」と言われる非接触決済が対象決済となります。クレジットカード払いを通常通り行わないように注意が必要です。
年会費 永年無料となります。現在、三井住友カードで年会費を払っている方も切り替えが可能です。切り替えるだけで年会費の節約になります。
セキュリティ 券面にはナンバーの記載はありません。安心して利用いただけます。
発行までの期間 審査から1〜2週間程度で手元にカードが届きます

支払い時に「タッチ決済」を利用することが条件となります。

セゾンパール同様に非接触決済が条件です。

セブンイレブン・ローソン・マクドナルドの3店舗限定の5%還元ですが、利用頻度の高い店舗です。

上記3店舗では、LINEクレカを使わずに三井住友カード(NL)を利用しましょう。

三井住友カード(NL)は他の決済方法と連携してキャンペーン実施も豊富

以下のように、UNIQLO PayやApple Pay、LINE Payと連携することでボーナスポイントがもらえるキャンペーンも実施しています。お申し込みは早い方がお得です。

新規キャンペーンのポイントと重なるとキャンペーン対象外になることが注意点です。

携帯キャリアの支払いはキャリアが発行するクレジットカードで

ドコモ・auは、自社で発行しているクレジットカードで携帯料金を支払うと10%以上の還元率になる特典があります。自分の契約しているキャリア・プランに応じてクレジットカード払いをしましょう。

ただ、最近発表された格安プランは特典対象外となるケースがありますので注意してください。

キャリア 特典
ドコモ 毎月のドコモのケータイ/「ドコモ光」ご利用料金をdカード GOLDでの支払うと、1,100円(税込)ごとに100ポイント、税抜金額の10%ポイント還元(税抜き換算) ※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント贈呈の対象外
au 毎月のau携帯料金の利用料の10%還元に加えて通常ポイント1%還元を加えて最大11%のPontaポイント還元(税抜き換算)。1,100円(税込)ごとに100ポイントを加算。

公共料金や税金は引き続きLINEクレカがお得、LINE Payは注意

LINEクレカは、公共利金や税金での支払いが「支払い金額50,000円まで還元対象」となります。

2%還元は非常に高い還元率ですね。

ただ、注意点としては、LINE Payの支払いでは0.5%還元になってしまった点です。LINEクレカで支払いをしましょう。

LINE Payのチャージ&ペイの還元率ダウン

今回、「改悪」と言われる一番の点は、LINE Payのチャージ&ペイでの還元率が一律0.5%になった」ことです。

チャージ&ペイとは、LINE Payに事前にチャージしなくても、支払いと同時にLINEクレカから支払いが行われる支払い方法です。

つまり、公共料金や税金の支払いをLINE Payで行っていれば、自動的にLINEクレカが利用され、3%還元が適用されていました

LINE PayとLINEクレカは、切り離して利用することが増えることでしょう。

ただ、後述のクーポン利用は「還元率2%」よりもお得な割引率もありますので、LINE Pay利用は「店舗によってお得」となりました。

【改善】LINEポイントをPayPayボーナスに交換可能に

LINEクレカの利用で貯まるLINEポイントは、LINE Payで利用すると便利でした。が、LINE Pay チャージ&ペイの還元率ダウンでLINE PayでLINEポイントを使いにくくなりました。

そこで利用したいのが、2021年3月から始まった「LINEポイントをPayPayボーナスに交換できる」サービスです。

PayPayは還元率こそ0.5%ですが、還元率の高いキャンペーンを実施する頻度が高く、PayPayボーナスで支払いをするとキャンペーン対象となることがほとんどです。PayPayでLINEポイント利用をする(PayPayボーナスに交換した後)ことでLINEポイントの価値は数倍にもなります。

【改善点】LINE Pay特典クーポンの獲得枚数変更

LINE Payのクーポン枚数は、LINEポイントのマイランクに合わせて取得可能な枚数が制限されていました。

が、LINEポイントのマイランクが廃止となり、取得枚数の上限がなくなりました。

これは、LINE Payの改善点ですね。

LINEクーポンの割引率が一部ダウン

5月1日からLINEクーポンの一部が還元率ダウンしています。

1%割引のクーポンも散見され、1%割引ではLINE Payを利用するよりもLINEクレカを利用した方が還元率がいい、ということになります。LINEクーポンがあるからと言ってLINE Payを使うと損をするパターンもありそうです。

LINEポイントクラブ・マイランク制度の終了

LINEポイントクラブは、以下のような制度でした。

この制度が廃止となりました。

ランク 獲得必要ポイント数
プラチナ 5,000ポイント+Visa LINE Payクレジットカードを発行し、LINE Payアカウントにクレジットカードカードを登録
ゴールド 500ポイント
シルバー 100ポイント
レギュラー 0ポイント
ランク チャージ&ペイ利用時の還元率 特典クーポン
プラチナ 3.0% 10枚
ゴールド 2.0% 6枚
シルバー 1.5% 3枚
レギュラー 1.0% 1枚

LINEクレカ利用者はかなり優遇されてきましたが、今後は一律になります。

LINEクレカの利用方法まとめ

まとめると以下のように使い分けるといいでしょう。

ただ、ネットショップの利用は以下を凌駕する還元率が出現しますので、セール時期に購入を心がけましょう。また、コード決済はキャンペーン利用で以下の還元率を上回ることもあります。

面倒な人は、以下の決済方法パターンを利用しておけば、一定以上のお得を受けることができます。

支払いシーン 利用決済サービス
セブンイレブン、ローソン、マクドナルド 三井住友カード(NL)のタッチ決済で5%還元
上記以外の店舗でQUICPay利用可能なお店 セゾンパールでQUICPay払いで3%還元
キャリア料金の支払い dカード GOLD、au PAYゴールドカードで10%還元以上
その他の支払い Visa LINE Payクレジットカードで2%還元

この記事の監修:足澤憲 AI-Credit CTO / セコロジスト・クレジットカードマニア

足澤憲 / AI-Credit

足澤憲 / AI-Credit

AI-Credit CTO / クレジットカードマニア

AI-Creditの開発をしています。還元率、クレジットカードマニアです。

2021年8月30日 文春オンラインに取材された記事が公開されました。【文春オンライン#1】父に使いこまれた奨学金は315万、「小学生の頃から“お金貸して”と」…岩手の困窮農家に生まれた男性(33)の壮絶すぎる人生

【文春オンライン#2】実家を出ても「妹の学費、かかるからよぉ」と電話が…父に奨学金315万円を使いこまれた男性(33)が“貧乏”から得た「教訓」

2021年6月22日放送の日本テレビ「ニュースEvery」・テレビ岩手の放送で紹介されました。日テレニュースはこちらから。

岩手日報・Abema News・毎日新聞ねとらぼJ-CASTニュースなど、多数掲載。ねとらぼはYahoo!ニュースやLINE NEWSにも掲載されました。

2021年7月5日、ORICON NEWSに掲載。浪費家で借金まみれの父、お金に無知な母…“お金に追われていた”息子が父の日広告を経て変化した両親への想い

AIクレジット株式会社でCTO / COOとして活動中。 2020年10月11日放送のTBS「がっちりマンデー」で紹介されました。「がっちりマンデー!! note編」でご覧ください。開発の足澤が出演しました。

キニナルweb「おすすめ決済方法を一発表示するアプリを開発した“セコロジスト”が語る、究極のポイント還元術」でも取材をされました。(2021年4月26日掲載)

ビジネスジャーナルでエポスカードのお得な使い方も解説。

2020年12月1日「MonJa」に開発責任者の足澤を掲載していただきました。「キャッシュレスマップアプリ「AI-Credit」開発者・足澤憲に聞く“お得”を追究するプログラマーの意外なお金観」でご覧ください。

2020年11月9日「FRIDAYデジタル」で開発責任者の足澤が紹介されました。「出費0円を目指せ!カードマニアが伝授「絶対得するポイント生活」でご覧ください。

AIクレジット株式会社は一般社団法人キャッシュレス推進協議会および一般社団法人Fintech協会に所属しています。

足澤憲 / AI-Creditの関連記事

AI-Creditのおすすめのテーマ