クレジットカードは借金ではない!キャッシュレス化に乗り遅れない為に。

「キャッシュレス化」という言葉を聞く機会が増えてきました。

2020年に東京オリンピックが開催されます。その前に、2019年にはラグビーW杯があります。多くの海外の方が日本へ訪れ、クレジットカードやQRコード決済を利用する時が近付いています。

海外の方は「現金」を持っていない人が多く、クレジットカードやコード決済ができるお店を探すことでしょう。

なぜ、日本はキャッシュレス化が進まないのか、キャッシュレス化が必要なのか。

なぜキャッシュレス化に取り組むのか

経済産業省が2018年4月に発行した「キャッシュレス・ビジョン」。

その冒頭に理由の一つが記載されています。「少子高齢化や人口減少に伴う労働者人口減少の時代を迎え、生産性向上は課題」と記載されています。

つまり、ユニクロやスーパー各店で見られる「レジの無人化」も一つのキャッシュレス化の流れです。人を介さない決済方法がますます普及してくると予想されます。

経済産業省がこのような発表をしているので、国としてキャッシュレス化を促進していくことは間違いありません。「2027年6月までにキャッシュレス決済比率を4割程度にする」と目標を立てています。

キャッシュレス決済とは?

キャッシュレス決済の定義は何か。

「キャッシュレス・ビジョン」によると、キャッシュレスの支払い手段は以下のように整理されています。

  • プリペイド(前払い):電子マネー等
  • リアルタイムペイ(即時払い):デビットカード、QRコード、NFC等
  • ポストペイ(後払い):クレジットカード

前払いから後払いまでに分類されます。

そして、2016年の日本国内の利用比率は以下の通りです。

  • プリペイド(前払い):1.7%
  • リアルタイムペイ(即時払い):0.3%
  • ポストペイ(後払い):18.0%

クレジットカードに代表される後払いが18%と比率としては高くなっています。

しかし、合計で20%ということは、現金払いの比率がまだまだ高いことを意味します。

消費者にとっての「キャッシュレス決済」のメリット

消費者にとって実はメリットがたくさんあるのが「キャッシュレス決済」です。

ポイントは以下です。

  • クレジットカードやプリペイドカード決済はポイント還元があります
  • 様々な特典があり、空港でラウンジが無料で使えることもあります。海外旅行傷害保険が付いていることもあります。
  • 小銭やお札でお財布がかさばりません。
  • 家計簿管理が楽です。支出の見直しの手間が減ります。

キャッシュレスと言うと、「小銭が要らない」と言った物質的なメリットが語られることもありますが、なんと言ってもポイント還元は実利のあるメリットです。

利用することによって平均で1.0%程度のポイント還元率があり、工夫によっては5%以上のポイント還元や割引を受けられます。みなさんは消費税の増税には敏感ですが、ポイント還元率には鈍感な方が多いのです。

特に、キャッシュレス化を促進している背景もあり、LINE Payや楽天ペイといったQRコード決済をするとポイント還元率が10%にもなるキャンペーンが開催されることもあります。QRコード決済は一度利用してみると非常に楽な決済方法です。

>>関連記事:楽天ペイ「利用者数No.1記念!ありが10キャンペーン!」で10%ポイントバック!(2018年7月31日まで)

>>関連記事:【改善】LINE Payがコードで支払いで5%キャッシュバック中!(2018年5月31日まで)

さらには、貯めたポイントで投資ができたり、ポイントで寄付をしたりすることもできます。資産運用もできれば社会貢献もできるのが現在のポイントシステムです。

なぜキャッシュレス化が日本では進まないのか

いくつかの要因がありますが、1番の理由は「クレジットカード払いは後払いの為、借金という印象が強い」という心的な要因が大きいです。

クレジットカードは借金ではありません。
普通にクレジットカードで支払いを1回払いで行えば、利息はもちろんなく、ポイント還元が付くのでお得な支払い方法となります。さらには、貯まったポイントは現金同様にお店で使えますので損はありません。

やってはいけないのは、「無計画なリボ払い」や「無計画なショッピング枠の利用」です。共通するのは「無計画」ということです。

日々の利用が心配な方も「アプリ」でチェックが可能に

現在は、スマートフォンアプリが進化しています。

クレジットカード会社がそれぞれ自社のアプリを出しています。ログインをすると当月の利用状況や引き落とし日を確認できます。また、家計簿アプリにクレジットカードを連携をすれば、支出管理ができます。どんなジャンルで支出をしていたのか自動で算出してくれるので家計の見直しも楽チンです。

これまでの家計簿作成はレシートを遡って入力して、自分でカテゴリを仕分けして・・・と、1日がかりで家計簿作成期間が必要でした。
今は、クレジットカードで支払いを行えば、自動的に家計簿が完成します。
銀行の残高も家計簿に連携できるので、支払い可能額も一目瞭然です。
使い過ぎた時にはアラートしてくれる機能もあります。

まだ現金を使って支払いを行なっている人は、まずは家計簿アプリをダウンロードして、お手持ちのクレジットカードと銀行口座の連携をおすすめします。

そして、少しずつ現金払いをやめて、自分に合った最適なクレジットカードを選べば、どんどんお得になっていきます。消費税増税を気にしない程度にはポイント還元を得られますよ!

クレジットカード初心者におすすめのクレジットカード

楽天カード

引用:https://image.card.jp.rakuten-static.com/

キャッシュレス化に向けて、今、一番お得なのは「楽天ペイ」です。

楽天ペイのキャンペーンで10%還元はもちろんですが、楽天スーパーセールなどのポイント還元率が倍増するキャンペーンが多発しています。

まずは、楽天ペイに登録する「楽天カード」を手に入れましょう。年会費無料ですので損はありません。

楽天カード公式サイトはこちらから。
楽天カード公式サイト

・楽天カード概要

項目 詳細
年会費 永年無料
貯まるポイント 楽天スーパーポイント
ポイント還元率 1.0%(100円につき1円分)
楽天PointClubランク シルバーからダイヤモンドまで利用に応じて特典あり、ダイヤモンド会員は誕生日月に700ポイント
その他注目のポイント 楽天トラベルでポイント2倍、楽天市場で3倍など

>>関連記事:【利用調査アンケート】LINE Pay5.9%、コード決済利用経験は合計19.3%。最適な決済とは。

コード決済・クレジットカードの新着記事

AI-Creditのおすすめのテーマ