アプリではお得なキャンペーンをお知らせします

プレミアム感ただよう超高価なクレジットカード10選

公開日:

更新日:

プレミアム感ただよう超高価なクレジットカード10選

クレジットカードをサッと差し出すだけで店員の態度がガラリと変わる、そんなプレミアムなカードとはどのようなものか?

一生に一度は手にしたい高級カードを10種類集めてみました。希少性、意外性、そしてプレミアム感のあるクレジットカードばかりです。

その前に、便利なツールアプリをご紹介しますのでご覧になってくださいね。

節約・お得活動におすすめの最強無料アプリ

楽天公式アプリで他のショップで購入して楽天スーパーポイントがたまるアプリがあります。お気に入りのストアでお買い物しながら楽天スーパーポイントがどんどん貯まります。

ポイント有効期限切れを起こしてませんか?ポイント管理にこのアプリ。そして、マネーフォワードと同時にダウンロードしておいてもらいたいのが次のアプリ。

楽天公式の「見るだけで楽天ポイントが貯まる」楽天ポイントスクリーンアプリ。毎日コツコツ貯めていきましょう。

無料でWi-Fi使い放題。通信量の節約にはこのアプリ。

1.世界最高峰に君臨するアメックス・ブラックカード

アメックスセンチュリオン

引用:https://www.americanexpress.com/us/credit-cards/

ステイタスの高さに定評のあるアメックスの「アメックス・センチュリオンカード」、別名ブラックカードは世界中のVIPしか持つことを許されない幻のカード。入会金550,000円(税込)/年会費378,000円(税込)も必要で、コストも破格です。サービスは、専用コンシェルジュ、無料宿泊券・食事券、同乗者の無料航空券(回数制限あり)など、さすがの充実内容です。

2.国内初上陸!金属とカーボンのLuxury Card(ラグジュアリーカード)

Luxury Cardチタニウム

富裕層向けのカードとして米国でメジャーになりつつある「Luxury Card(ラグジュアリーカード)」の日本版が、2016年11月にスタート。マスターカードのゴールド、ブラック、チタニウムの3種類が登場し、いずれも特許技術で作られた金属製です。

年会費はゴールドが220,000円(税込)、ブラック110,000円(税込)、チタン55,000円(税込)。新生銀行とのタイアッププログラムや都内でのリムジン利用など、独自のサービスを展開しています。

こちらは年会費を払えば発行可能なクレジットカードとなります。

年会費55,000円(税込)のチタンカード

高いデザイン性はもちろんですが、ポイントプログラムが優遇されます。
国内でのご利用金額1,000円につき1ポイント(5円相当/ポイント還元率0.5%)、海外での利用では2倍を付与。さらに年間100万円以上のご利用で、国内最大1.5倍(ポイント還元率0.75%)のポイントを獲得できます。

また、24時間・年中無休のコンサルタントも利用できるのは、海外旅行の時なども安心ですね。

Luxury Cardチタニウム

オリジナルな特典を。年会費110,000円(税込)のブラックカード

国内の利用は最大で2倍のポイントになります。ポイント還元率は1.0%となります。
予約困難な名店・レストランで優待を受けられるのはラグジュアリーカードならではです。
また、全国のTOHOシネマズで毎月2回無料で映画を鑑賞できます。

年会費を回収するのは難しいと感じられるかもしれませんが、普段の利用をこのクレジットカードに集中させて、高級レストランを使いこなしていけば、他のカードでは得られない特典を得ることができます。

年会費220,000円(税込)のゴールドカード

国内の利用は最大で3倍のポイントになります。ポイント還元率は1.5%となります。

3.プラチナカードのトップクラス、アメックス・プラチナカード

アメックス・プラチナ

引用:https://www.nerdwallet.com/blog/credit-cards/american-express-platinum-review/

海外に頻繁に行くなら一枚は欲しいアメックスカード。なかでもハイレベルに位置するのが「アメックス・プラチナカード」です。年会費は 143,000円(税込)。家族カードが4人まで無料、飛行機やホテルの無料アップグレード、無料宿泊券などの特典があり、旅する人ならメリットの大きいカードと言えるでしょう。

4.ダイナースのブラックカード!ダイナースクラブ・プレミアム

ダイナーズプレミアム

引用:https://www.google.co.jp/url

アメックスと双璧をなすハイステイタスの外資系カードといえばダイナースカード。そのダイナースのブラックカードと呼ばれるのが、チタン製の「ダイナースクラブ・プレミアム」です。年会費は143,000円(税込)。ポイント還元率の高さや利用金額の制限無しなどカードを頻繁に使う方におすすめです。

5.国内初!マスターカードの最上級版、SBIワールドカード

マスターカードが国内で展開する最上級のカード、それが「SBIワールドカード」です。カードデザインには天然ダイヤモンドをあしらい、ひと目でステイタスの高さが分かる仕様になっています。年会費は165,000円(税込)、インビテーションを受け取った人だけが申し込みが可能なカードです。

6.VISAカードのブラックカード?スルガVisa Infinite

「スルガVisa Infinite(インフィニット)」は、国内で僅か100名ほどしか保有していないという激レアカード。スルガ銀行に口座を保有するVIPだけにインビテーションが届き、年会費は132,000円(税込)と高額です。しかし、カード利用額の1.8%を住宅ローンの繰り上げ返済に充当できるなど、金融機関系ならではのサービスを展開しています。

※現在では募集終了となっています。

7.国内の特典が充実、JCB THE CLASS

JCB THE CLASS

引用:http://card.aiyuri.com

国産ブランドJCBカードの最高レベルに位置するのが「JCB THE CLASS(ザ・クラス)」。年会費は55,000円(税込)。コンシェルジュデスクのサポート、2万円程度のカタログギフト、TDLの秘密ラウンジ体験など、JCBならではのメリットが享受できます。

通常では申込みができず、年間数百万円を2〜3年ほどゴールドカードを継続利用すると案内がくるとも言われています。

8.ワンランク上のプラチナ、三井住友プラチナカード

三井住友プラチナカード

引用:https://www.smbc-card.com

使い勝手の良い三井住友Visaカードのハイクラスバージョン「三井住友プラチナカード」は、インビテーション無しでも申し込みが可能なプラチナカードです。年会費は55,000円(税込)とやや高めですが、ブランド力は最強であり、国内ブランドならではのきめ細やかなサービスが期待できます。

9.楽天の最上級カード、楽天ブラックカード

ブラックカードという名がつきますが年会費33,000円(税込)とリーズナブルな「楽天ブラックカード」。楽天市場を利用するたびに高いポイント還元が受けられるなど、楽天グループならではの特典があります。

こちらのカードは通常で申込みはできません。
楽天プレミアムカードを数百万を利用し、楽天市場での利用金額も加味されるようです。
楽天ブラックカードの発行にはとにかく楽天カードを使って、「カードを鍛える」のが近道です。
楽天カードの発行がまだの方は以下からお申込みください。ポイントが貯まりやすく普段利用する機会も多いので鍛え甲斐のあるカードです。

10.プライオリティパスに入会!SuMi TRUST CLUBプラチナカード

SuMi TRUST CLUB プラチナカード

引用:https://www.sumitclub.jp

「SuMi TRUST CLUBプラチナカード」は、VISAカードの最上級レベルであり、コストパフォーマンスの高いサービスを展開。年会費は38,500円(税込)です。人気サービスのひとつは、プライオリティ・パスが回数制限なく利用できるなど、海外に頻繁に行く人にメリットが大きい特典があります。

プレミアムなクレカまとめ

超高価なクレジットカードをご紹介しました。最近では外資系カードも国内のサービスを充実させ、サービス競争が激しくなってきています。インビテーションがなければ入会できないカードが多いため、気になるカードがあれば早速プロパーカードで実績を積み、ハイクラスカードを目指してはいかがでしょうか?

この記事の監修:足澤憲 AI-Credit CTO / セコロジスト・クレジットカードマニア

足澤憲 / AI-Credit

足澤憲 / AI-Credit

AI-Credit CTO / クレジットカードマニア

AI-Creditの開発をしています。還元率、クレジットカードマニアです。AIクレジット株式会社でCTO / COOとして活動中。 2020年10月11日放送のTBS「がっちりマンデー」で紹介されました。「がっちりマンデー!! note編」でご覧ください。開発の足澤が出演しました。

ビジネスジャーナルでエポスカードのお得な使い方も解説。

2020年12月1日「MonJa」に開発責任者の足澤を掲載していただきました。「キャッシュレスマップアプリ「AI-Credit」開発者・足澤憲に聞く“お得”を追究するプログラマーの意外なお金観」でご覧ください。

2020年11月9日「FRIDAYデジタル」で開発責任者の足澤が紹介されました。「出費0円を目指せ!カードマニアが伝授「絶対得するポイント生活」でご覧ください。

AIクレジット株式会社は一般社団法人キャッシュレス推進協議会および一般社団法人Fintech協会に所属しています。

足澤憲 / AI-Creditの関連記事

AI-Creditのおすすめのテーマ