アプリではお得なキャンペーンをお知らせします

【期間限定ポイントも対象】楽天ペイのポイント還元復活!7月1日から

公開日:

更新日:

【期間限定ポイントも対象】楽天ペイのポイント還元復活!7月1日から

楽天ポイントを貯めている、もしくは何気なく楽天ポイントを利用している人に見逃せない情報です。

楽天ペイは3月に改悪があり、楽天ペイ利用では楽天ペイ利用分のポイントが付与されなくなっていました。今回の発表により、楽天ペイ利用でポイントが貯まるようになりました。

登録クレジットカードに3Dセキュア対応が必須となりKyashの登録もできなくなり、3月から楽天ペイの利用から遠ざかっていた人も多いのではないでしょうか。

今回は、楽天ペイ利用を復活してもいいかも!というポイントがあります。

楽天ペイ利用する際のチャージ方法や登録カードの組み合わせが重要なのでチェックしておきましょう。

楽天ペイのポイント対象となる支払い方法は?

楽天ペイは、7月1日からポイント還元を復活しますが、組み合わせ・支払い方法によって還元率が異なりますので注意が必要です。

最高還元率は「楽天カードでチャージ払い(楽天キャッシュ)」の1.5%還元

楽天ペイの支払いで最もポイント還元率が高いのが楽天カードを利用した「チャージ払い(楽天キャッシュ)」です。

楽天ペイに楽天カードを登録した状態が以下のような画面になります。「楽天カード」と表示されています。

楽天ペイアプリイメージ画像

この画面の右上に楽天キャッシュ「チャージ」ボタンがありますので、そこからチャージを利用して支払いを行うとポイント還元率が1.5%になります。

ポイント還元率1.5%は、とても高い水準です。
どれぐらい高いかと言うと、普通にクレジットカードを利用していると平均0.5〜1.0%です(セゾンカードや三井住友カードが0.5%、楽天カードの通常利用が1.0%、リクルートカードが1.2%など)。比較すると1.5%というのが高い水準ということがわかります。

何より、楽天カードをそのまま利用すると還元率は1.0%ですので、楽天ペイのチャージ払いを通した方がお得です。楽天カード利用者は使わない手はありません。それだけでプラス0.5%になります。

また、ポイント還元率0.5%〜1.0%の楽天カード以外を利用している方も、楽天カード&楽天ペイチャージ払いをするだけでプラス0.5〜1.0%の還元が見込めます。ポイント還元率0.5%のカードを何気なく利用している方は、この支払い方法に変えるだけで還元率3倍です。

楽天カードは年会費無料で発行時にポイントも手に入れられるのでおすすめカードの一つです。

楽天ポイントが貯まる!年会費無料の楽天カードは鉄板

楽天カードのクレジットカード払いは1.0%還元なので注意

楽天ペイに楽天カードを登録して支払う方法の1つに「クレジットカード払い」があります。

こちらの支払い方法は先述の「チャージ払い」が先に決めた額のお金をチャージする先行支払い型(カードの支払いは後ですが)に対して、「クレジットカード払い」は使った額だけクレジットカード払いするものです。

クレジットカード払いは「使った分だけ払う」ので無駄はないのですが、これでは1.0%しかポイントが貯まりませんので楽天カードの通常利用とポイント還元率は同水準となります。

「楽天カードを登録してあるから安心だ」と思っていた人は注意が必要です。

クレジットカードに抵抗がある人は、楽天銀行・ラクマのチャージでも1.0%還元に

楽天カードからチャージ払いをすると1.5%還元でしたが、楽天銀行からチャージして支払うかラクマからチャージして支払うと1.0%還元になります。

楽天カード(クレジットカード)を持つことに抵抗のある方はこの支払い方法でしたら安心です。ポイントも貯まるので、楽天銀行から現金をおろして利用するよりもお得です。クレジットカードがなくてもキャッシュレス決済を利用できる点が、コード決済のメリットのひとつです。さらにポイントが貯まるので現金払いから移行してお得になりましょう。

[改善]楽天ペイにJCB・AMerican Expressも登録可能に!

2020年7月30日追記:楽天ペイにJCB・American Express(以下AMEX)のクレジットカードを登録できるようになりました。登録は楽天ペイアプリ内から簡単に行うことができます。

今回の改善を持って楽天ペイは、取り扱い国際ブランドが最も多い国内コード決済サービスになります。

従来登録できたカードブランドはVISAとMastercardのみでした(楽天カードの場合はJCB、AMEXも可能)。

引用:https://pay.rakuten.co.jp/news/?article=2020072900

今回の注目は、楽天ポイント払いもポイント付与対象になること

もう1つ、還元対象となる注目すべき支払い方法が「ポイント払い」です。

いままで貯めた楽天ポイントを利用して支払った時も1.0%還元になります。

期間限定ポイントもポイント付与対象に

楽天ポイントはキャンペーン時に付与されるポイントが「期間限定ポイント」と言われるもので有効期限が短いものが多いです。ポイントを使いきれずに失効してしまうことも多いものです。

今回、楽天ペイは「楽天ポイントを使いやすい」のがメリットでもあり、以下の画面の「すべてのポイント/キャッシュを使う」にチェックを入れておくと期間限定ポイントから消費をしてくれます。

楽天ペイ画面

そして、ポイントで支払った分に対してもポイントが付与されます。

ポイント還元率は1.0%です。

楽天市場で貯めたポイントや、楽天ポイントカードで貯めたポイントをここで利用すればさらにお得になれます。

これまでの還元率パターンをまとめると以下のようになります。(楽天ペイキャンペーンページから引用:https://pay.rakuten.co.jp/campaign/2020/0701_cash/)

楽天キャンペーンページからの引用

楽天ペイの使い方は以下も参照してください。

[楽天ペイのいろは]使い方がわからないは卒業!個人間送金機能も可能に

楽天ペイはモバイルSuicaにも対応した決済ハイブリッドアプリ

楽天ペイはSuicaとの連携を開始し、Android版の楽天ペイアプリではモバイルSuicaにチャージが可能になりました。その時のポイント還元率も1.5%。iOS(iPhoneアプリ)は楽天ペイアプリからはチャージできませんが、楽天ペイアプリでキャンペーンエントリーをして楽天カードでモバイルSuicaにチャージすれば1.5%還元を実現できます。

楽天カードと楽天ペイを利用してポイント還元率1.5%を平均的に出せれば非常にお得です。Suicaにチャージを現金で行っていた方はこちらも利用しましょう。詳しくはこちらの記事「Suicaにチャージは楽天ペイで!チャージでポイントも貯まる」でご覧ください。

いかがでしたでしょうか。

「楽天経済圏」と言われる楽天ポイントが利用できる・付与されるお店・ネットショップ・サービスを利用していけば、最低還元率1.5%は容易に叩き出せることでしょう。楽天市場をはじめとして利用できる店舗が多く、利便性が高いことが楽天ポイントのいいところです。楽天カードと楽天SPUを絡ませればポイント還元率は+2倍、3倍となっていきます。これを機会に楽天経済圏の研究も進めてみてはいかがでしょうか?

最後に楽天カードの基本スペックをチェックしておきましょう。

楽天カード

楽天カード券面画像
国際ブランド 対応支払い方法
VISA / Mastercard / JCB / American Express 楽天ペイ、楽天Edy、Apple Pay、Google Play
  • 海外旅行保険 利用付帯
  • 家族カード
  • ETC
年会費
初年度
無料
2年目以降
無料
ポイント還元率
基本還元率1.0%
ポイント名
楽天ポイント
審査・発行スピード
申込から1週間程度
国内・海外旅行保険
海外 最高2,000万円(利用付帯)
家族カード・ETC年会費
家族カード年会費無料。ETC年会費:ダイヤモンド・プラチナ会員様は無料。それ以外の会員様は550円(税込み)。
その他の特典
楽天ペイに楽天カードを紐づけてチャージ可能(通常還元率1.0%、2020年7月1日〜楽天カードで現金チャージで1.5%還元)。楽天Edyにチャージして利用でポイント還元1.0%(チャージ0.5%、利用で0.5%)、200円利用につき1ポイント付与。
  • 楽天SPUで楽天市場でのポイント付与がプラス2倍に。

今がチャンス!お得な入会特典!

楽天カード新規入会&利用で最大5,000ポイントプレゼント!
期間:2020年7月20日(月)10:00~2020年7月27日(月)10:00
新規入会特典:2,000ポイント
カード利用特典:最大5,000ポイント

楽天ポイントが貯まる!年会費無料の楽天カードは鉄板

関連記事:デビットカード+Kyashはポイント付与の対象外?楽天銀行が狙い目か!

関連記事:【ハッピープログラムのランクアップ】楽天銀行の取引件数を稼ぐ裏技

この記事の監修:足澤憲 AI-Credit CTO / セコロジスト・クレジットカードマニア

足澤憲 / AI-Credit

足澤憲 / AI-Credit

AI-Credit CTO / クレジットカードマニア

AI-Creditの開発をしています。還元率、クレジットカードマニアです。リエールファクトリー株式会社でCTO / COOとして活動中。 TBSの「がっちりマンデー」にゲスト出演し、セコロジー2020にノミネート。他メディアの監修も行っています。

足澤憲 / AI-Creditの関連記事

AI-Creditのおすすめのテーマ