アプリではお得なキャンペーンをお知らせします

三井住友カードがLINE Payのチャージ&ペイで利用可能に!5月13日からキャンペーン開始!

公開日:

更新日:

三井住友カードがLINE Payのチャージ&ペイで利用可能に!5月13日からキャンペーン開始!

LINE Pay」は事前チャージ型のスマホ決済ですが、「チャージ&ペイ」機能を利用するとクレジットカード払いが可能です。

しかし、対応しているカードは「Visa LINE Payクレジットカード」に限られていました。

このたび三井住友カード」がLINE Payの「チャージ&ペイ」機能に対応しました。

この記事では、三井住友カードの「チャージ&ペイ」対応について詳しく解説していきます。

同時に発表された、今後のLINE Payに関する変更点・追加点もあわせてチェックできるので、ぜひご覧ください。

「チャージ&ペイ」が2021年5月10日から三井住友カードでも利用可能に

三井住友カードがチャージ&ペイに対応予定 2021年春予定

LINE Pay株式会社は2020年10月30日、三井住友カード株式会社との「戦略的業務提携の推進」とそれに関する具体的な取り組みを発表しました。

その具体的な取り組みの1つが、LINE Payコード決済「チャージ&ペイ機能」対応カードの拡大です。

2021年5月10日から三井住友カード発行のVISAブランドカードが、LINE Payの「チャージ&ペイ」に対応します。

三井住友カード(VISA)の一例

今後LINE Payの「チャージ&ペイ」機能に対応する、三井住友カード発行のVISAブランドカードを一部ご紹介します。

「三井住友カード(NL)」は、三井住友カードの中でもお得な1枚です。

年会費は永年無料。特定の店舗で還元率が上昇します。

三井住友カード A イメージ

三井住友カード A」は旅行がお好きな方にオススメのカード。

旅行傷害保険が国内・海外どちらも対象になり、最大2500万円まで補償されます。
「三井住友カード」と比較すると、補償額は+500万円です。

三井住友カード プラチナリファード イメージ
https://www.smbc-card.com/nyukai/index.jsp

三井住友カード プラチナリファード」は、2020年9月から発行が開始されたニューフェイス。
プラチナカードでありながら、サービスよりも「ポイント還元」を重視しています。

特約店は+9%ポイント還元されたり、とにかくポイントが豊富にたまるカードです。

LINEPayの「チャージ&ペイ」とは

LINEPayのチャージ&ペイ
お支払い分だけ 即時チャージ&ペイ
イメージ
http://pay-blog.line.me/

LINE Payの「チャージ&ペイ」は、事前にチャージをせずに使えるLINE Payの決済方法です。

2020年5月「Visa LINE Payクレジットカード」の登場とともに、サービスが開始されました。

LINEPayのチャージ&ペイ 登場以前の支払い方法の違い
http://pay-blog.line.me/

「チャージ&ペイ」登場以前は、あらかじめ銀行口座などからLINE Pay残高をチャージしなければLINE Payを使用できませんでした。

しかし「チャージ&ペイ」導入後は、LINE Payアカウントにクレジットカードを登録することで、事前チャージが不要に。

支払った分だけ自動的にカードでチャージされるので、残高不足の心配がありません。

支払い金額はクレジットカードに請求され、後日まとめて引き落とされます。

「チャージ&ペイ」はLINEポイントクラブのマイランクに対応していましたが5月1日からLINEポイントクラブは廃止となりました。

LINE Pay|今後3つの変更点・追加点

LINE Payと三井住友カードの提携で今後おこなわれる具体的な取り組みは、「チャージ&ペイ」対応以外にもいくつか発表されています。

重要になってくる主な発表は、以下の3つです。

  • Visa LINE Payプリペイドカード」発行開始
  • LINE PayがApple PayGoogle Payに対応→iDとして利用可
  • LINEアプリで三井住友カードを管理

それぞれ、詳しく解説していきます。

「Visa LINE Payプリペイドカード」発行開始→LINE Payカードは発行終了

2020年12月22日から
Visa LINE Payプリペイドカード発行開始

VISAブランドのバーチャルプリペイドカード「Visa LINE Payプリペイドカード」が、LINEアプリ内で発行可能になります。

発行開始は2020年12月22日から。
年会費・入会金は無料で、日本の電話番号が登録されたLINEアカウントを持っていれば誰でも発行可能です。

また「Visa LINE Payプリペイドカード」の発行にともない、既存の「LINE Payカード」は発行が終了します。

有効期限までは今まで通り使用できますが、更新はできません。

Visa LINE Payプリペイドカードの内容は、こちらの記事で詳しく解説しています。(Visa LINE Payプリペイドカード記事に内部リンク)

Apple Pay・Google Payに対応し「iD加盟店」でも利用可能に

LINE PayがApple Pay・Google Payにも対応開始

Visa LINE Payプリペイドカードの発行開始と同時に、LINE PayがApple Pay・Google Payにも対応。

これにより、全国のiD加盟店でLINE Pay残高を使用できます。
iD対応店舗は100万店以上あるので、LINE Payの使い道がぐんと広がりますね。

LINEアプリで三井住友カードを管理

LINEアプリでカードを管理できる

「Visa LINE Payクレジットカード」のユーザー限定で、2020年9月から提供されていたLINEへの「利用通知サービス」。

この「利用通知サービス」が、三井住友カード会員にも順次提供されていく予定です。

さらに、三井住友カード会員専用アプリ「Vpass」と連携して、LINE上からカードに関する設定や各種手続きが可能に。

LINE「CLOVA Chatbot」を導入した三井住友カード公式LINEアカウントから、気軽に問い合わせできるようにも検討されています。

三井住友カードでLINE関連サービスの還元率アップ!?

カード優待でLINEサービスの還元率をあげる予定 イメージ

上記のような機能面の変更以外に、耳寄りなお得情報もこっそりと発表されています。

LINEは三井住友カード会員に対しての付加価値を向上させるために、LINE各種サービス利用時の還元率を上げる予定です。

つまり、LINEのサービスが三井住友カードでお得になるということ。

具体的な内容はまだ発表されていません。今後の詳しい情報に期待しましょう!

まとめ|LINE Pay×三井住友カードはもっとお得で便利に

この記事では、LINE Payの「チャージ&ペイ」に三井住友カードが対応するという話題に加え、

  • LINE Payに関する今後の変更点・追加点3つ
  • LINEサービス利用時の三井住友カード還元率アップ

以上2点を詳しく解説してきました。

ポイントは以下の2つです。

  • 「チャージ&ペイ」に対応するのはVISAブランドの三井住友カード
  • 「Visa LINE Payプリペイドカード」発行で、LINE Pay残高を「電子マネーiD」として利用できる

LINE Payの「チャージ&ペイ」を、Visa LINE Payクレジットカード以外でも利用できるのは大きなニュースです。

この記事のライター:満畑ペチカ/Webライター

満畑ペチカ/Webライター

満畑ペチカ/Webライター

Webライター

楽天経済圏を中心に、無理せずおトクになる生活を心がけるフリーWebライター。外食費はほとんど楽天ポイントでまかなっています!おトクな情報を、丁寧にわかりやすくお伝えして行きます。AIクレジット株式会社ライター。

AI-Creditのおすすめのテーマ