キャッシュレス・消費者還元事業をわかりやすく解説!最大5%の還元を受ける方法とは?

公開日:

更新日:

2019年10月1日からの消費税10%への引き上げと同時にスタートするのが、キャッシュレス決済で最大5%を還元するキャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)。

この記事では事業の概要や還元率、還元内容、加盟店を探す方法などをご紹介します。

キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)とは

キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月1日の消費税増税に伴い、キャッシュレス決済普及率アップと、消費者の負担軽減のために実施されます。

①還元事業に登録した店舗で、②消費者が登録されたキャッシュレス決済方法で決済することで、2%、または5%の還元を受けることができます。還元は決済時や請求時の値引き、ポイント付与などの方法で還元されます。

事業の期間

本事業の対象期間は、2019年10月1日から2020年6月30日までとなります。

約9ヶ月間の限定の施策ではあるものの、有効活用すればお得に買い物ができます。

対象店舗の判別方法

ポイント還元事業の対象店舗であるかどうかは、以下のポスターやステッカーが貼られているかどうかで判別することが出来ます。

ポスター(5%還元の場合)

引用:https://www.meti.go.jp/press/2019/08/20190828018/20190828018.html

ステッカーの場合(5%還元の場合)

引用:https://www.meti.go.jp/press/2019/08/20190828018/20190828018.html

還元率は店舗の規模によって異なる。

キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)による還元率は、店舗規模によって以下のように分けられます。

・5%還元…中小・小規模店舗の加盟店

・2%還元…フランチャイズチェーン店の加盟店

・還元なし…大手企業の店舗

5%の対象となるのは、商店街にあるような個人経営のレストランや八百屋、精肉店などの店舗となっています。

2%の対象となっているのは、大手コンビニ、ハンバーガーショップなどのフランチャイズ店、ガソリンスタンドとなっています。

本事業は、主に小さなお店での増税の影響による消費低下を防ぐことと、まだキャッシュレス決済サービスを行っていない店舗への普及が目的のため、大手フランチャイズチェーンの還元率は低めに設定されています。

キャッシュレス決済のメリット

現金で買い物をするよりもお得

対象店舗・対象期間でキャッシュレス決済をすればポイント還元を受けられるため、現金で支払うよりもお得です。

これまでキャッシュレス決済をしていなかった人も、無料で申し込みができるクレジットカードや電子マネー、コード決済などを利用すれば、コストはかかりません。

また、普段のキャッシュレス決済で付与されるポイントは通常通りもらうことができ、そのうえで還元を受けられるため、二重にお得です。

幅広い業種の店舗で利用できる

2019年9月時点で、全国約50万店が、本事業の加盟店に決定しています。コンビニエンスストア、飲食店、ガソリンスタンドなどのほかに、以下のような業種が加盟店になっています。

・タクシー会社、個人タクシー

・レンタカー会社

・自動車学校

・美容院

・ネイルサロン

・銭湯、健康ランド

・カラオケボックス

・ネットカフェ

・大学生協

・花屋

小売業のみならず、美容院や銭湯、ネットカフェ、タクシーなどの業種で加盟店になっている所もあるため、さまざまな場所で還元を受けられる可能性が高まります。

本来対象になりうる店舗は200万店といわれていますので、今後どこまで参加する店舗が増えるか注目です。

ネットショッピングでも利用可能

実店舗だけでなく、以下のECサイトも本事業の還元対象です。(加盟店のみ)

・Amazon

・楽天市場

・Yahoo!ショッピング

いずれも、対象のネットショップでキャッシュレス決済を行うと5%の還元を受けることができます。ネットショッピングで買い物をする機会が多い場合、お得に利用できます。

楽天では、対象店舗以外で利用した場合も自社負担で一律5%還元となるような施策を行っています。

キャッシュレス決済のデメリット

還元額に上限がある

本事業では5%または2%の還元を受けることができますが、不正防止の理由から、還元対象額には上限が定められています。

例えばクレジットカード各社では還元額の上限を毎月15,000円としており、PayPayは毎月25,000円を上限としています。キャッシュレス決済で高額な買い物をしても、全ての金額が還元対象となるわけではないことを知っておきましょう。

キャッシュレス・ポイント還元事業の加盟店以外では還元を受けられない

キャッシュレス決済で還元を受けられるのは、指定のポスターが貼られた加盟店のみです。

例えば同じコンビニエンスストアのチェーン店でも、フランチャイズ店では還元を受けられ、直営店では還元を受けられないということが起こり得ます。加盟店の確認方法は後述しますが、キャッシュレスで還元目的の買い物をする時には注意が必要です。

ポイント還元対象外の商品もある

加盟店でキャッシュレス決済による支払いをしても、還元対象とならないものも存在します。

例えば、切手や宝くじ、公共料金などは還元対象外です。対象の店舗であっても、全ての商品やサービスで還元を受けられるわけではないことは知っておきましょう。

キャッシュレス・ポイント還元事業のポイント還元方法

加盟店でキャッシュレス決済を利用した場合、以下いずれかの方法で還元されます。

・即時還元…決済時に、その場で利用できるポイントやクーポンを発行したり、還元分を値引きしたりする方法です。セブンイレブンやファミリーマートなど、大手コンビニエンスストアなどが実施予定です。

・後日還元…決済時ではなく、請求時に還元分を値引きしたり、還元分のポイントを付与したりする方法です。クレディセゾン、JCBなど、大手クレジットカード会社などが実施予定です。楽天カードのみ請求時値引きではなく、還元分の楽天ポイントが付与されます。

還元対象の決済方法

以下のキャッシュレス決済の方法で、還元を受けることが可能です。

・クレジットカード、デビッドカード(クレディセゾン、JCB、オリコ、三井住友など)

・電子マネー(Suica、PASMO、nanaco、楽天Edyなど)

・QRコード決済(PayPay、メルペイ、LINEPayなど)

・プリペイドカード(au WALLETプリペイドカードなど)

引用:https://cashless.go.jp/assets/doc/kessai_touroku_list_shuyou.pdf

自分が利用しているカードや電子マネーなどが還元対象となるかどうか知りたい場合、キャッシュレス・消費者還元事業の公式ホームページ上から、「クレジットカード/デビッドカードを探す」「電子マネー/QRコード/その他サービスを探す」より検索ができます。

還元の詳細については、各決済事業者のホームページから確認が可能です。

還元を受けるためには何が必要?

基本的には、対象となる加盟店・キャッシュレス決済で支払いを行うことで還元を受けられます。消費者側が還元を受けるための事前登録などは必要ありません。

現在キャッシュレス決済手段を持っていない人は、自分が利用したいキャッシュレス決済に申込みをして買い物をすれば、還元を受けられます。

ポイント還元対象外の店舗はある?

大手チェーンの直営店はポイント還元の対象外です。
しかし、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートのコンビニチェーン三社は、自社で還元分を負担して実施することを発表しています。マクドナルドも、全国約7割のフランチャイズ店で還元を実施予定です。

一方で、吉野家やすき家、ケンタッキーフライドチキンなど、フランチャイズ店も含め、全店で加盟店への参加をしないことを発表しているチェーン店もあります。

大手チェーンの場合は企業ごとに対応が異っているため、事前に確認しておくと良いでしょう。

キャッシュレス・消費者還元事業を活用してお得に買い物をしよう!

本事業の加盟店でキャッシュレス決済をすることで、還元を受けられます。

対象店舗でキャッシュレス決済手段を利用するだけで良いため、短期間の実施ではあるものの、この機会を活用しない手はありません。 加盟店を探し、キャッシュレス決済で賢く買い物を楽しんでみてはいかがでしょうか。

コード決済・クレジットカードの新着記事一覧
AI-Creditのおすすめのテーマ