【ファミペイ利用ガイド】使い方、使える店、還元率やチャージ方法まで徹底解説

公開日:

更新日:

「ファミペイ」はコンビニ業界大手のファミリーマートが展開する、独自のスマホ決済サービスです。

ファミリーマートが展開するサービスということもあり、ファミリーマート利用がお得になる特徴を持っています。この記事では、詳しい使い方や使えるお店、還元率やチャージ方法について、詳しく解説していきます。

ファミペイとは

ファミペイとは、2019年7月に開始されたファミリーマート専用のスマホ決済サービスです。コンビニ業界大手のファミリーマートと、同社が展開するネット通販サービス「Kaema(カエマ)」で利用することができます。他にも、楽天のフリマアプリの「ラクマ」など、ECサイトで利用が拡大されています。

単なるスマホ決済サービスというだけでなく、ファミリーマートで利用することによって普段の買い物がお得になったり、他のスマホ決済サービスではあまり見られないスタンプ機能やクーポン券が当たるゲーム機能を有していたりと、ファミリーマートを楽しく利用できる機能が搭載されており、多くの人から注目を集めています。

ファミペイの使い方

ファミペイはApp StoreまたはGoogle Playからインストール可能です。

インストールはこちらから

インストール後にアプリをタップすると、会員登録へと進むことができるため、画面に表示される指示に従って入力していきます。

会員登録が完了したら、「FamiPayを利用する」をタップし、そこで暗証番号の登録を行います。これで設定は完了です。

あとは、チャージして買い物の際にレジでファミペイ支払いの旨を伝え、ホーム画面に表示されているバーコード画面を提示するだけ。

これで、現金を出すことなく買い物をすることができるようになり、さらにクーポン用のスタンプやファミペイ専用のポイント還元を受けることができるようになります。

チャージ方法

ファミペイでは事前にお金をチャージしておき、その残高から支払いを行っていくことになります。そのチャージ方法は4種類用意されています。

・レジでチャージ

・ファミマTカードでチャージ

・オートチャージ

・FamiPayボーナスでチャージ

レジでチャージ

ファミリーマートに来店した際に、レジで直接現金を渡し、ファミペイのチャージを行う方法です。

ファミリーマートに行く手間や現金を用意する手間などがありますが、クレジットカードなどを用意する必要もなく、事前準備がほとんどいりません。普段の買い物のついでにチャージをする、というような使い方をすることで、利便性を高めることができるでしょう。

ファミマTカードでチャージ

ファミペイとクレジットカードを連携させ、クレジットカードからお金をチャージする方法です。ファミペイのホーム画面にあるチャージボタンから、「クレジットカードでチャージ」を選択し、クレジットカードを登録することで利用できるようになります。

スマホとクレジットカードさえあれば、どこでもチャージができて非常に便利ですが、登録できるクレジットカードが現在は「ファミマTカード」のみとなっていますので注意しましょう。

ファミマTカードはチャージすると0.5%還元になります。さらに、Tポイントカード提示で0.5%、FamiPay利用で0.5%となり、ファミリーマートでは1.5%還元になります。(キャッシュレス・ポイント還元事業の2%を加えると合計3.5%還元)

ファミリーマートを利用する機会が多い人はファミマTカードを発行しておきましょう。年会費無料です。

年会費無料☆ファミマのお買い物でポイント最大5倍!ファミマTカード

オートチャージ

オートチャージは「クレジットカードでチャージ」の進化版のようなもので、チャージ作業を行わなくても、残高が減ると自動でチャージをしてくれる便利な機能です。

ホーム画面のチャージボタンから「オートチャージ」を選択し、クレジットカードの登録と、オートチャージをする金額と、チャージが行われるタイミング(残高)を設定することで利用できます。こちらについても、登録できるクレジットカードは「ファミマTカード」のみとなっています。

FamiPayボーナスでチャージ

ファミペイは利用することによってFamiPayボーナスというポイントが還元され、それをチャージして現金と同様に利用することができます。

こちらはフォーム画面のチャージボタンから「FamiPayボーナスでチャージ」をタップすることで利用できるようになります。

チャージの上限金額に注意

現金がいらず、ポイントも貯まる便利なファミペイですが、チャージできる金額には上限があるため注意しましょう。

レジでチャージをする場合、その上限金額は10万円となっています。またクレジットカードでチャージをする場合は、1日の上限金額が10万円、1ヶ月の上限金額が100万円に設定されています。

ファミペイの還元率

ファミペイを利用すると、その利用額によってポイントの還元を受けることができます。200円(税込)につき1ポイントのファミペイボーナスが付与され、1ポイント1円としてチャージすることができるため、還元率は0.5%。また、クレジットカードでチャージを行う場合は、チャージした金額がそのままクレジットカードの利用分としてポイント還元されるため、ポイントの2重取りも可能となります(ファミマTカードにはポイント付与されません)。

一般的なクレジットカードの還元率と同程度の還元率を有していると言えます。

年会費無料☆ファミマのお買い物でポイント最大5倍!ファミマTカード

ファミペイを使うメリット・デメリット

ここからは、ファミペイを使うことによって得られるメリットと、まだ使いにくさが残るデメリットについて、より詳しく解説していきます。

ファミペイを使うメリット

ファミペイを使う最大のメリットは、これまで説明した通り、現金が不要でかつポイントも貯めることができ、ファミリーマートでの買い物がお得になるという点です。また、ポイント還元だけでなく、スタンプやクーポンなど、ファミペイ限定のサービスもあり、2重でお得さを感じることができるでしょう。

加えて、ファミペイはスマホ決済をはじめとする電子決済では珍しく、電気代やガス代、通信料、POSAカード、切手、ごみ処理券などの収納代行支払いにも対応していました。普段コンビニでこれらの料金を払っている人であれば、この作業の手間を億劫に感じている人も多いのではないでしょうか。支払いをスマホ一台で完結できるようになれば、作業効率はもちろん精神的な負担も大きく軽減できるはずです。

11月1日から以下の一部がFamiPay払い利用不可となりました。実質的な改悪と言えます。

・販売代金

・税金

・保険料

・家賃など

ファミペイを使うデメリット

ファミペイを使うことそのもののデメリットではありませんが、使える店舗および使えるクレジットカードが限られてしまっていることが、最大のデメリットと言えるでしょう。

使える店舗はファミリーマートとネット通販サイト「Kaema」やECサイトとなり、他の決済サービスと比較すると利用可能な範囲が限定されていると言わざるをえないでしょう。近年のコンビニの品ぞろえには目を見張るものがあり、生活に必要なもののほとんどを買い揃えることができますが、今後さらに使える範囲が拡大すれば、より便利で強力なサービスになってくれそうです。

登録できるクレジットカードも「ファミマTカード」のみです。

年会費無料☆ファミマのお買い物でポイント最大5倍!ファミマTカード

ファミペイを上手に活用し、便利とお得の両方を獲得しよう

ファミペイの特徴から、その使い方、メリット・デメリットについて解説してきました。

最近の日本ではキャッシュレス化の動きが活発になってきており、それに応じたお得なキャンペーンなども随時開催されています。

ファミペイに関しては、利用のハードルが非常に低く、それでいてポイント還元やポイントの2重取り、スタンプやクーポン機能など、日々の買い物がお得になる仕組みが多数搭載されており、使えば使うほどそのメリットを実感してもらえるはずです。

現状では使える店舗も限定されていますが、今後さらに範囲が拡大し、もっと多くの場所で、気軽に使っていくことが可能になるでしょう。少なくとも、現在ファミリーマートを利用する機会が多い人にとっては、とてもお得なサービスとなっていますので、まだ持っていないという方は、この機会に利用を検討してみてはいかがでしょうか。

年会費無料☆ファミマのお買い物でポイント最大5倍!ファミマTカード

コード決済・クレジットカードの新着記事一覧
AI-Creditのおすすめのテーマ