【2019-2017】おすすめ高還元率クレジットカードベスト10

公開日:

更新日:

クレジットカードを選ぶのに重要なのはやはり「還元率」。高還元率で、自分に合った使い勝手のいいカードを選びたいですよね。普段のお買い物や公共料金などを高還元率のカードで支払えば、ポイントがザクザク貯まります。そこで今回は、高還元率なクレジットカードベスト10をご紹介します。一枚は持っておきたい高還元率のクレジットカード、ぜひあなたに合ったお得なカードを探してみてください。

 

REXカード

REX CARD Mastercard_black_omote_rgb_180724

引用:http://img1.kakaku.k-img.com/

年会費無料、1.25%の還元率です。貯まったポイントをJデポに交換すると、請求額からポイント分を差し引いてくれます。わざわざポイントを消費するために買い物をするなどの手間がなく、節約でき便利です。

請求額からの割引には申請が必要なのでお忘れ無く!

公式サイトはこちらから。
お申込み公式サイトへ

dカード

dカード券面画像

引用:http://d-card.jp/

NTTドコモが発行するDCMXカードに、dポイントカードが付帯しました。年会費は永年無料。特徴はdポイントクラブに加盟している店舗での利用で1.0%〜6.0%と驚きのポイント還元率です。対象店舗も続々と増えているので、注目のカードです。

LAWSON・マクドナルドをヘビーに使う人であれば持っておくべきカードです。dカードはLAWSONでのお買い物に利用すると、最大5%お得になります。

お申込み公式サイトへ

 

ソフトバンク・Y!モバイルユーザーならヤフーカード

ソフトバンク・Y!モバイルユーザーならYAHOOプレミアム会員が無料で利用でき、YAHOO!ショッピングで最大13%以上の還元率になります。ソフトバンク・Y!モバイルユーザーなら必ず持っておきたいカードです。

それ以外の方でもYAHOO!ショッピングやLOHACOを普段から利用する方はいつでも還元率が3%になります。

貯まるポイントはTポイント。Tポイントを貯めたい方にはオススメです。

年会費も無料なので、まだ持っていないなら今のうちです。
お申込み公式サイトへ

 

リクルートカード

リクルートカード

引用:リクルートカード

年会費永年無料&高還元率と言えば、リクルートカードというくらい便利で使いやすいカードです。

なんといっても還元率は1.2%。そして、nanacoにチャージでポイントが付くという「普段のチャージでポイントを貯めたい」方にはおすすめのカードです。

リクルートポイントはPontaポイントやdポイントとも交換でき、ポイントが無駄にならずこまめに使えます。ポンパレモールでは最大40%の還元率でお買い物ができたり、ホットペッパーなどでもポイントが貯まるので、ポイントが貯めやすく、使いやすいカードです。
旅行でじゃらん、美容院やエステでホットペッパービューティー、飲食にホットペッパーという方にはおすすめのカードです。

お申込み公式サイトへ

リクルートカードバナー

 

楽天サービスを少しでも使うなら「楽天カード」

楽天を少しでも使うなら楽天カードにしましょう。
年会費無料で、還元率は1.0%ですが、楽天市場ならSPU(スーパーポイントプログラム)で毎日7倍とポイントがザクザク貯まるカードです。ポイントの貯まるイベントを定期的に開催しているので、ポイントを貯めてお得にお買い物をしたい方にオススメです。

LAWSONなどの提携店舗も多いのでおすすめです。

お申込み公式サイトへ

 

貯まったポイントを即時交換したいなら「Orico Card THE POINT」

Orico Card THE POINT

引用:http://www.orico.co.jp/

年会費無料、還元率1.0%のカードです。入会後半年間は還元率2.0%(上限50万円)になるので、高額なものを購入するタイミングで申し込みするのも良いですね。最大の特徴は、Amazonや楽天など約600の店舗掲載のオリコモール経由のショッピングで1.5%の還元率になること。ネットショッピングをよく利用する方にオススメです。

ポイント交換先としてAmazonやiTunesカード、WAON、楽天スーパーポイントなどと幅が広いことに加えて即時交換ができるのもOrico Card THE POINTの特徴。貯まったポイントをすぐに使いたい方にはおすすめのカードです。

また、デザインが「かっこいい」ので、持っているだけでも嬉しくなります。ブラックカードのようなマットなブラックのデザインに国際ブランドのロゴも白く配置されるのが特徴的です。
お申込み公式サイトへ

 

ポイント効果が面倒な人は勝手に請求から引いてくれる「P-one Wiz」

P-one Wizカード

引用:http://www.pocketcard.co.jp/

最大の特徴は、自動的に請求金額から1%値引きされること。また貯まったポイントをTポイントに交換すると0.5%の還元率で、値引きと合わせると1.5%になります。

また、P-one Wizは年会費無料のリボ払い専用のカードです。支払いの設定を「ずっと全額払い」にすることで、1回払いのカードと同様に使えます。

お申込み公式サイトへ

20日・30日が最もお得!イオンを利用するなら「イオンカードセレクト」

イオンカード

引用:http://www.aeon.co.jp/

普段からイオングループを利用する方にオススメです。通常の利用は0.5%ですが、イオングループでの利用で1.0%になります。20日・30日は「お客様感謝デー」でイオンクレジットカードの提示で5%OFFになり、ときめきポイントが1%つきます(他社のカードやギフト券の利用は適用外)。
また、イオンカード系のクレジットカードを持っていると、自分の住所に「イオンクレジット会員様専用チラシ」が送られてきます。商品単位で割引があり、お得な情報が届きます。バースデー葉書きもあり、誕生日月はお客様感謝デー以外でも5%OFFになります。

そして最大の魅力は、クレジットカードとキャッシュカードとWAONの電子マネーがこの1枚に集約されていること。イオン銀行を引落し口座に設定すると、毎月の利用額に応じてイオン銀行のステージ特典がもらえます。

お申込み公式サイトへ

 

クリスマスの12月に利用するなら「R-STYLEカード」

年会費は1,250円ですが年1回以上利用すれば、年会費無料になるリボ払い専用カードです。
ラブリーポイントを採用しているJACCSカードは0.5%にも関わらず、R-STYLEカードは常に2倍なので1%。

そして何と言っても12月にポイントが5倍、実質ポイント還元率が2.5%になります。
クリスマスや年末の旅行など、出費の多い時期にポイントが5倍になるのが大きな魅力的です。リボ払いの上限が3万円なので、月に3万円までの利用に抑えれば、1回払いと同じ使い方ができ、リボ払いの手数料が不要になります。上手に使えば、12月は2.5%で還元されるので、非常にお得に使えます。

また、海外旅行保険が最高1,000万円まで自動付帯というのも見逃せません。

お申込み公式サイトへ

 

海外旅行の疾病傷害保険が自動付帯2,000万円の「JCB EIT(エイト)」

年会費無料のリボ払い専用カードです。最初の設定で毎月の支払金額をショッピング利用枠と同じ金額に設定することで、1回払いのカード同様に使えます。通常は、1.0%ですが、年間の利用額によって、翌年は最大1.15%までUPします。

海外旅行の疾病傷害保険が自動付帯2,000万円というのも見逃せないポイントのひとつです。

お申込み公式サイトへ

まとめ

単純に還元率や年会費だけを比較するのではなく、自分の生活に合った利用しやすいカード・ポイントなどを考慮して使い勝手の良いカードを選ぶと良いでしょう。
お買い物のたびにポイントがザクザク貯まるのは気持ちがいいですよね。今回ご紹介したカードをまだお持ちでないなら、ぜひ検討してみてください。

【路線別まとめ】電車定期券購入におすすめの高還元クレジットカード

コード決済・クレジットカードの新着記事一覧
AI-Creditのおすすめのテーマ