これで消費税増税も怖くない。キャッシュレス・ポイント還元事業で2%・5%還元される店舗一覧

公開日:

更新日:

10月から消費税が10%に増税となります。政府は、消費が冷え込まないように、対策として中小の店舗では5%還元・大手企業では2%還元を実施します。キャッシュレスでの支払いが条件となるのでこれを機会に、現金からキャッシュレスに移行すると想像以上にお得になれます。

対策期間は2019年10月1日から2020年6月30日までが予定されています。

政府が進めるポイント還元施策は複数

・キャッシュレス・ポイント還元事業(キャッシュレス・消費者還元事業)
 こちらが、支払い方法によって還元率が変わる制度となります。
 注意点は、各支払い方法によって還元上限があることです。クレジットカードは月に15,000円上限が基本となります。比較的上限は低いので、複数のカードやコード決済を利用することをおすすめします。

・軽減税率制度
 2019年10月からの消費税増税に対策する「商品別(購入方法)」によっては2%還元する施策です。

・政府発行のポイント制度
 2020年度から政府主体のポイントを発行します。マイナンバーカードと合わせてポイント普及を図る「マイナポイント」が発行予定と言われています。

キャッシュレス・ポイント還元事業の対象の支払い方法は?

ポイント還元の対象となる支払い方法には「種類」と「月の上限金額」が決まっています。
つまり、固定の支払い方法ではすぐに上限に達してしまう為、今こそ支払い方法を上手く使い分けて金額管理していくことが求められています。

代表的なところでは、クレジットカードは概ね15,000円/月(AMEXを除く)、LINE Pay・メルペイが30,000円/月、PayPay・楽天ペイが25,000円/月、となっています。

公式にリリースされた上限は以下の通り(2019年9月末時点)。引用:https://cashless.go.jp/

キャッシュレス・ポイント還元事業対象の支払い方法1
キャッシュレス・ポイント還元事業対象の支払い方法2
キャッシュレス・ポイント還元事業対象の支払い方法3
キャッシュレス・ポイント還元事業対象の支払い方法4
キャッシュレス・ポイント還元事業対象の支払い方法5
キャッシュレス・ポイント還元事業対象の支払い方法1
キャッシュレス・ポイント還元事業対象の支払い方法1
キャッシュレス・ポイント還元事業対象の支払い方法1

利用シーンが重ならないSuicaは利用必須

Suicaは10月から乗車で2.0%のJRE POINTがたまります。対象となるのはモバイルSuicaとカード式のSuicaです。

普段、電車やバスに乗ってる人は必須の1枚です。乗ってるだけでポイントがたまります。
ポイントを貯めるには事前登録が必要となりますのでJRE POINTのサイトにSuicaの登録を忘れずに。

また、定期券購入でも2.0%のJRE POINTがたまります。これまで、定期券購入はJR東日本が発行するビュー系のクレジットカードで購入すると1.5%のJRE POINTが付与されていましたが、それを上回る還元率です。

おすすめは、定期券購入後のSuicaへのチャージは初年度年会費無料の「ビックカメラSuicaカード」を利用することです。そうすると、チャージでクレジットカードのポイントが1.5%、利用で2.0%のポイント、合計3.5%が付与されます。ビックカメラSuicaカードは1年に1回利用があれば、次年度は年会費無料です。普段からSuicaを利用している人なら簡単にクリアできる条件です。まずクレカデビューする人にも、おすすめのクレカです。

初年度年会費無料のビックカメラSuicaカード

PayPayも手軽に利用できるおすすめコード決済です

PayPayは10月の消費税増税以降、11月30日まで10%ポイント還元を実施しています。コード決済の中でも高い還元率となりますので、コード決済を初めて利用する方は、まずはPayPayからデビューしましょう。

PayPay iPhoneアプリ
PayPay Androidアプリ

その他おすすめのクレジットカードはこちら

JCBカードは12月15日まで20%キャッシュバック還元キャンペーンを行なっています。QUICPayにも対応していますので今がチャンスのクレジットカードです。

年会費無料のカードでしたら今後も固定費はかかりませんので1枚は持っていて損はないでしょう。


おすすめのクレジットカードはリクルートカード。通常のカードは支払いごとに100円単位でポイント付与されますが、リクルートカードは毎月の利用総額に対してポイント還元率1.2%です。他のカードでは切り捨てられてしまう部分が加算されますので、地味にポイントが貯まります。

年会費無料のリクルートカードJCBはこちら

他にもおすすめは、39歳以下のかたは年会費無料のJCB CARD Wカードです。

年会費無料のJCB CARD W

業種別・店舗別の還元率一覧

フランチャイズ店は店舗によって対応が異なる場合がありますので注意してください。また、商業施設全体で適用されているケースもあります。キャッシュレス・消費者還元事業の加盟店は随時追加されていきます。

コンビニ

コンビニ 注意事項
セブンイレブン 支払いの際に還元対象の2%相当の金額を購入額から差し引き、実質的な値引きを行う方向
Family Mart 支払いの際に還元対象の2%相当の金額を購入額から差し引き、実質的な値引きを行う方向
LAWSON 支払いの際に還元対象の2%相当の金額を購入額から差し引き、実質的な値引きを行う方向
ミニストップ 支払いの際に還元対象の2%相当の金額を購入額から差し引き、実質的な値引きを行う方向


飲食店

飲食店 注意事項
マクドナルド 2%
牛角 2%
びっくりドンキー 2%
フレッシュネスバーガー 2%
CoCo壱番屋 2%
ベローチェ 5%
しゃぶしゃぶ温野菜 2%
ポポラマーマ 5%


スーパー

スーパー 注意事項
大学生協 5%
スーパーマルモ 5%
業務スーパー 2%


その他

その他 注意事項
カラオケ歌広場 5%
カラオケパセラ 5%
ガソリンスタンド出光 2%
カーコンビニ倶楽部 5%
トヨタレンタカーリース 2%

政府主体の全国共通ポイント「マイナポイント」も

また、政府は2020年度から政府主体の全国共通のポイントを発行することを発表しました。20,000円上限の入金に対して25%のポイント還元を行う予定です。
本人認証・ポイント管理にはマイナンバーカードが必要になります。

様々なポイント還元施策が絡み合いますので制度の違いは整理しておきましょう。

この記事の監修:足澤憲 AI-Credit CTO / クレジットカードマニア

足澤憲 / AI-Credit

足澤憲 / AI-Credit

AI-Credit CTO / クレジットカードマニア

AI-Creditの開発をしています。還元率、クレジットカードマニアです。リエールファクトリー株式会社でCTO / COOとして活動中。

足澤憲 / AI-Creditの関連記事

アプリサービス

AI-Creditのおすすめのテーマ