更新日:2019.01.04

クレジットカードを利用してポイント獲得することも多いですよね。

「ポイント還元率は高めがいいな」と考えている人も多いと思います。

でも、1ポイント1円であれば分かりやすいのですが、実際にはポイント発行会社によって円換算の価値は異なっています。

実際にポイントを獲得してもそれがいくらに相当するのか、各ポイントごとにチェックしてみたいと思います。

クレジットカードのポイントはいくらに相当するのか?

1ポイントいくらか

クレジットカードを利用して得られるポイントは様々です。
また、そのポイントを電子マネーやマイルに交換する時に「交換レート」が存在します。

この交換レートが一律でないので、単純に「1ポイント○円」と言い切るのは難しいのです。

ただ、一般的な利用ルートで円に換算した場合を考えると、おおよその価値がわかります。

表にまとめると以下のようになります。

ポイント名 円換算
Pontaポイント 1ポイント1円相当
リクルートポイント 1ポイント1円相当
楽天スーパーポイント 1ポイント1円相当
dポイント 1ポイント1円相当
Tポイント 1ポイント1円相当
nanacoポイント 1ポイント1円相当
WAONポイント 1ポイント1円相当
JRE POINT 1ポイント1円相当
ビューサンクスポイント(JREポイントに統合) 1ポイント2.5円相当
永久不滅ポイント 1ポイント5円相当
オリコポイント 1ポイント1円相当
暮らスマイル 1スマイル5円相当(5オリコポイントに相当)
Oki Dokiポイント 1ポイント5円相当
ときめきポイント 1ポイント1円相当
LINEポイント 1ポイント1円相当
1マイル 2円相当

1ポイント = 1円にならない数種類のポイントを覚えておけば「残りは1ポイント1円!」と考えておけるかもしれません。

ただ、ポイントがいくらに値するかはさほど重要ではありません。1,000円で1ポイントの永久不滅ポイントと、1,000円で5ポイントのPontaポイントは、ほぼ同様の価値です。

大事なのは、

  • クレジットカードを利用して「何%還元されるか」
  • 獲得したポイントをどの交換ルートで何に交換するか

この2点が重要な点です。

マイルに交換するには「マイル交換増量キャンペーン」を実施しているポイント選びが重要になります。

交換レートの低い損なポイント交換ルートもありますので、十分にチェックしてくださいね。

こちらも参考にしてください。

【2018-2017】おすすめ高還元率クレジットカードベスト10

気になるクレジットカードを比較してみましょう。
コード決済も対応。

クレジットカードは、カードごとに様々なポイント還元率や年会費が設定されています。

また、ポイント還元率・年会費だけではない、海外旅行保険の付帯やショッピング保険、家族カード、ETCカードといった、日々を少し安心させてくれる様々な付帯サービスが付随しています。よく車に乗る人ならETCカード、海外旅行に行くことになったら海外旅行保険の自動付帯、自分のライフスタイルに合ったカード探しが必要です。

AI-Creditでは簡単に比較ができるページをご用意しました。

また、最新のコード決済も比較ができます。ポイント還元率に注目がいきがちですが、コード決済は「クレジットカードとセットで利用」してお得を最大化できます。 どのコード決済にどのクレジットカード登録が最適なのか、わかりやすく比較できます

詳しくは以下からご覧になってください。

AI-Creditクレジットカード比較サイト