アプリではお得なキャンペーンをお知らせします

郵便局でキャッシュレス決済が利用可能に!お得な支払い方法は?

公開日:

更新日:

郵便局でキャッシュレス決済が利用可能に!お得な支払い方法は?

郵便局は、病院とサイゼリヤと並んで「なぜ現金払いしか選択肢がないのだろう」と感じる筆頭の場所でした。

特に郵便局は「ゆうちょPay」があるにも関わらず現場では現金のみしか使えず、大きな矛盾を感じていた人も多いでしょう。

ついに、郵便局がキャッシュレス決済が利用可能になりました。お得な支払い方法はあるのか、ご紹介します。

郵便局でキャッシュレス決済導入!どこで使える?

ついに全国の郵便局でキャッシュレス決済が利用可能になります。7月7日から随時導入される予定ですが、都道府県によって導入が完了される日は異なります。

7月7日でキャッシュレス決済導入が完了する都道府県は、埼玉県・滋賀県・京都府・大阪府・奈良県・兵庫県・和歌山県の7つです。一方で青森県や富山県、石川県、福井県、大分県などは、8月からの導入が決定しています。

郵便局で利用可能なキャッシュレス決済は?

郵便局で利用できるキャッシュレス決済は、クレジットカード・電子マネー・スマホ決済です。具体的に利用可能なサービスは以下の通りです。

対象の国際ブランド

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • AMEX
  • Diners
  • 銀聯カード

対象の電子マネー

  • suicaなどの交通系電子マネー
  • iD
  • WAON
  • QUICPay

対象のスマホ決済

  • ゆうちょPay
  • amazon pay
  • au PAY
  • d払い
  • J-Coin Pay
  • LINE Pay
  • PayPay
  • メルペイ
  • 楽天ペイ
  • ALIPAY
  • WeChatPay

かなり多様なサービスが利用できることがわかりますね。

キャッシュレス決済が利用できる商品・サービスは?

郵便局の窓口では様々な商品やサービスの取り扱いがあります。キャッシュレス決済が利用できる商品・サービスは以下のようになっています。

  • 郵便料金・荷物(ゆうパック・ゆうメールなど)運賃
  • 切手(上限額10万円)
  • はがき・レターパックなどの販売品
  • カタログ・店頭商品などの物販品

郵便局で取り扱う基本的な商品の購入に使うことができるのは嬉しいですね。一方、現金での支払いのみが認められている商品もあります。

  • 印紙
  • 宝くじ
  • 代金引換・郵便の引き換え金
  • 税付き郵便物の関税
  • 地方公共団体事務

これらの商品の購入には、キャッシュレス決済は利用できません。

郵便局でお得になる支払い方法は?ポイント還元はある?

郵便局でキャッシュレス決済が利用可能となると、気になるのが最もお得な支払い方法です。

20201年4月まではVisa LINE Payクレジットカード

最もお得な支払い方法は「Visa LINE Payクレジットカード」を使うことです。入会から2021年4月までの還元率は3.0%と他と比べても群を抜いて高くなっています。

「郵便局だからゆうちょPayがお得なんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるでしょう。そもそもゆうちょPayには利用に対するポイントの還元がなく、全くお得にはなりません。(マイナポイントのキャンペーンでポイント制度を開始、今後ポイント制度開始の可能性があります)

ゆうちょPayのメリットとしては、街のお店で利用可能なクーポンの配信があることと、東急線の券売機を使って現金を引き出せることです。ゆうちょの口座に紐づけられているので、口座にある以上のお金を使うことはできません。お得度を度外視しても、使いすぎたくない方にオススメのサービスになっています。

また、Visa LINE Payクレジットカードを利用する方法以外にも、普段使っている決済方法でもよりお得に郵便局で利用することができます。

Visa LINE Payクレジットカードは2021年4月まで3%還元

楽天ペイも還元率1.5%

楽天ポイントを貯めている方には、楽天ペイに楽天カードを紐づけた支払い方法がお得です。楽天カードからあらかじめチャージした楽天キャッシュを利用すると、還元率は1.5%になります。

楽天ポイントが貯まる!年会費無料の楽天カードは鉄板

Kyash Cardでポイント2重取りも

また、還元率アップの秘密兵器Kyash Cardを利用する方法もあります。Kyash Cardの基本還元率は1.0%。これに加え、Kyashに紐付けてあるクレジットカードの還元率0.5%〜1.0%ほどを合わせて、1.5%〜2.0%のポイントが還元されます。1.0%分はKyash残高で、それ以外のポイントはそれぞれのサービスで取り扱われているポイントで付与されます。

アプリから申請できる「Kyash Card」はクレカ紐付けOKでポイント2重取り

Kyash

Kyash画像
新Kyash Card VISAプリペイド式
1.0%還元 クレカで支払い設定可
  • ポイント2重取り
  • VISA
ポイント還元率
Kyash Cardは1.0%還元、支払いにクレジットカードを設定すればKyash 1.0%に加えてクレジットカードのポイントも2重取り
年会費
Kyash Cardは発行手数料900円、年会費無料
オススメポイント
クレジットカード代わりに利用可能。貯まったポイントはそのまま1ポイント1円で支払いに当てられます。友達に送金も可能です。不正補償制度もあります。
  • 登録できるクレジットカードは国際ブランドがVISA / Mastercardに限ります。JCBのクレジットカードは登録できません。
  • 新しく発行されるKyash CardはICチップ搭載、VISAタッチにも対応、Apple Pay / Google Pay対応(QUICPay決済)
  • 支払いに利用できない用途があり、ガソリンは支払いができません。

この記事のライター:Maya Shinoda / AI-Credit専属ライター

Maya Shinoda / AI-Credit専属ライター

Maya Shinoda / AI-Credit

AI-Credit専属ライター

キャッシュレスでお得に生活するためには情報が不可欠!お得な生活をサポートする情報を、わかりやすく迅速にお伝えします。

Maya Shinoda / AI-Creditの関連記事

AI-Creditのおすすめのテーマ