アプリではお得なキャンペーンをお知らせします

Uber Eatsでお得な支払い方法は?ポイント還元でデリバリーをお得に!

公開日:

更新日:

Uber Eatsでお得な支払い方法は?ポイント還元でデリバリーをお得に!

「Uber Eats」は2016年に日本国内で開始された出前サービス。首都圏を中心に、専用のリュックを背負った配達員を見かけない日はありません。

チェーン店はもちろん、出前サービスがない個人店の料理も配達可能。なかなか外食に行きづらい今、多くの方が利用しています。

しかし、頻繁にUber Eatsを利用していると食費がかさんでしまいますよね。
できることなら、少しでもお得にUber Eatsを利用したくありませんか?

そこで、この記事ではUber Eatsがお得になる支払い方法をご紹介していきます。

使用できる支払い方法の詳細や支払い方法以外でお得にする手段もお伝えしていくので、ぜひ参考にしてください!

Uber Eatsで使える支払い方法

クレジットカード
スマホ決済 ◯(オンライン決済のみ)
電子マネー ×
その他決済 代金引換・UberCashなど

Uber Eatsで主に使える支払い方法を表にまとめました。
2020年10月現在、Uber Eatsで使用できる主な支払い方法はクレジットカード、スマホ決済、代金引換の3つです。

それぞれの支払い方法について、さらに詳しくご紹介していきます。

クレジットカード

VISA American Express
Mastercard Diners Club
JCB

Uber Eatsの支払いにはクレジットカードが使用できます。
対応カードブランドはVISA、Mastercard、JCB、American Express、Dinersの5つです。

上記カードブランドがついたデビットカード、プリペイドカードも一部使用できます。

カードによっては登録できない場合もあるので注意してください。

筆者の所持カードで試したところ、以下のような結果となりました。

使用できるカード案内画像
https://www.ubereats.com/jp

このほかにも、ネット上では以下のカードも登録可能との情報が出ています。

  • デビットカード…三菱UFJ銀行VISAデビット、みずほ銀行JCBデビット
  • プリペイドカード…LINE Payカード

ただし、登録できなかったカードも数回やり直したら登録できたという事例もあるようです。
デビットカード、プリペイドカードについては不確定な部分があるので、クレジットカードをお持ちの場合はそちらを登録した方がスムーズで安全でしょう。

電子マネー

Uber Eatsの支払いに電子マネーを使うことはできません。
iDQUICPay楽天EdySuica(交通系電子マネー)など、全て使用不可です。

オンライン決済・対面決済、どちらの場合も対応していないので注意してください。

スマホ決済

LINE Pay Apple Pay
PayPay

Uber Eatsではスマホ決済が使用できます。
ただし、配達時の対面決済では使用できず、オンライン決済のみ使用可能です。

現在対応しているのはLINE PayPayPayApple Payの3つとなっています。

各決済の詳細は以下の通りです。

  • PayPay…「PayPay残高」から支払い。
  • LINEPay…「チャージ残高」「チャージ&ペイ」を選択して支払い。
  • Apple Pay…登録クレジットカードなどの情報を使用して支払い。(VISAブランドの場合使用不可)

Apple Payはセキュリティ面が不安な方にはおすすめです。
Uber Eatsアプリにクレジットカード情報を改めて入力する必要がないので、情報漏洩のリスクが低くなります。

Uber Eatsでメルペイが使える!

スマホ決済のメルペイは、基本的にUber Eatsの支払いに使用できません。
ですが、ちょっとした工夫でメルペイ残高での支払いが可能になります。

メルペイをApple Payに登録すると、カードがMastercardブランド・iDとして認識されます。
このメルペイをApple Payのメイン決済とすれば、Uber Eatsの支払いに利用できるんです。

メルカリの売上金がある方は、Apple Payを経由してメルペイで支払うのも良いですね。

その他の支払い方法

代金引換(現金払い) Uber Cash

クレジットカードとスマホ決済以外に、Uber Eatsで使える支払い方法は以下の2つです。

  • 代金引換(現金払い)…出前到着時、配達員に現金で支払う
  • UberCash…Uber独自の電子マネー

Uber Cashは配車サービス「Uber」の支払いにも使える独自の電子マネー。
チャージ後の使用期限がなく、チャージ金額によって支払額が5%オフになるサービスが魅力的です。

しかし、UberEatsのアプリ内からはチャージが難しく、現状UberとUber Eats以外の使い道がないというデメリットがあります。

「Uber」で配車をよくお願いするという方であれば、導入を検討してみる価値はありますね。

Uber Eatsで貯まるポイント

2019年3月から、UberとUber Eatsに「Uber Rewards」というポイント制度が導入されました。
しかし、2020年10月現在導入されているのはアメリカのみとなっています。

今後、日本国内でも導入されることを期待しましょう。

Uber Eatsでお得な支払い方法TOP3

それでは、ここから「Uber Eatsでお得な支払い方法TOP3」をご紹介していきます。

「AI-Credit」内のコラムには、それぞれの支払い方法についてさらに詳しく解説した記事も掲載中です。
ぜひ、そちらも合わせてチェックしてください。

【第3位】クレジットカード

第3位はクレジットカード決済です。
あらゆるお買い物やさまざまな支払いをお得にするためには、やはりクレジットカードが欠かせません。

加えて、せっかくクレジットカードで支払うなら、還元率が1%以上ある「高還元クレジットカード」がおすすめです。

ほとんどの銀行預金の利息が0.001%以下ということを考えると、還元率1%がどれだけ大きな額かわかりますよね。

年会費永年無料のカードを選べば維持費もかからず、さらにお得です。

還元率1%以上のおすすめクレジットカードを表にまとめたので、ぜひ参考にしてください。

OricoCard THE POINT 1.0〜3.0%(年会費永年無料)
dカード 1.0〜3.0%(年会費永年無料)
楽天カード 1.0〜3.0%(年会費永年無料)
JCB CARD W 1.0〜3.0%(年会費永年無料)
ビックカメラSuicaカード 1.0〜1.5%(初年度無料、年1回の利用で次年度無料)
Booking.comカード 1.0%〜※キャッシュバック型(年会費永年無料)

この中でも、オリコカードは新規入会特典として入会後半年間は還元率が2%にアップするキャンペーンを行っています。

高還元率のクレジットカードは、普段から使うことで自然にポイントが貯まっていきます。お得を過剰に気にすることなく生活に取り入れられるので、まだ持っていない方は1枚作ってみてはいかがでしょうか?

>年会費無料のおすすめクレジットカードベスト10【2021年】

【第2位】LINE Pay(チャージ&ペイ)

第2位はLINE Payです。
LINE Payで支払うときは、支払い元を「残高払い」と「チャージ&ペイ」の2つから選択できます。

2つの支払い元の違いは次の通りです。

残高払い 事前にLINE Pay残高をチャージしておき、その残高から支払う
チャージ&ペイ Visa LINE PayクレジットカードをLINE Payに登録することで使用できる決済機能。 事前チャージの必要がなく、支払い金額は直接Visa LINE Payクレジットカードに請求される。

上記2つの支払い方法のうち「チャージ&ペイ」で支払った場合のみ、LINEポイントクラブ特典のポイント還元が受けられます。
(※「チャージ&ペイ」を利用するためには、Visa LINE Payクレジットカードの発行が必須です。)

「LINEポイントクラブ」は、LINEのメンバーシッププログラム。
「マイランク」という制度があり、「チャージ&ペイ」の還元率はマイランクによって変動します。

スタート時はレギュラーランクで、還元率は1%です。
レギュラーのあとはシルバー、ゴールド、プラチナと続き、最高位のプラチナランクになると還元率は3%まで上昇します。

たくさん使ってLINEポイントをゲットするほどお得になる決済方法と言えますね。

【第1位】Visa LINE Payクレジットカード

第1位はVisa LINE Payクレジットカードです。

LINE Payの「チャージ&ペイ」機能を使うためには、発行が必須条件だったVisa LINE Payクレジットカード。LINE Payに登録して使うのがもちろんお得なのですが、2021年4月30日までは異なります。

なぜなら、上記の期間限定でカードショッピング利用額の3%が還元されるからです。公共料金の支払いや電子マネーへのチャージなどを除いて、利用場所や金額の制限なく3%還元が受けられます。

条件と具体的な使用例は以下の通りです。

条件 LINE PayアカウントにVisa LINE Payクレジットカードを登録
具体例 LINE PayにVisa LINE Payクレジットカードを登録

支払い時にはVisa LINE Payクレジットカードを使用
(※LINE Payを使用した場合は3%還元は適用されない)

2021年4月30日までは上限金額など無しに「LINEポイント3%還元」が適用

適用条件に注意しながら、Visa LINE Payクレジットカードでお得に支払いましょう!

【2020年】Uber Eatsに関するお得情報

あらゆるお店のさまざまな料理が、自宅にいながら気軽に楽しめる「Uber Eats」。

この「Uber Eats」がお得になる支払い方法をご紹介してきましたが、実は支払い方法以外にもお得にする方法があるんです。

さっそく見ていきましょう!

プロモーションコードの利用がお得!

UberEatsには、注文時に「プロモーションコード」という割引コードを入力することで料金がお得になるサービスがあります。

特にUberEatsを初めて利用する方は割引率の高いコードを使用できるので、ぜひ活用しましょう!

2020年10月現在は、以下のようなプロモーションコードが使えます。

キャンペーン案内画像
https://www.ubereats.com/jp
内容 【先着3万名】LINE Payで支払って50%引き
コード LINEUE04
期限 2020/12/31 23:55
条件
  • Uber Eats初回利用
  • LINEPayで支払い
  • 注文金額1,000円以上
備考
  • 値引き上限は1200円
  • 使用は一人1回まで
  • 注文をキャンセルした場合も再使用不可
キャンペーン案内画像
https://www.ubereats.com/jp
内容 Mastercardで支払って1,000円引き
コード MC20NEW1
期限 2020/10/31
条件
  • Uber Eats初回利用
  • Mastercardで支払い
  • 注文金額1,500円以上
備考
  • 注文をキャンセルした場合も再使用不可
  • 利用後に次回以降使える300円引きプロモーションコードがもらえる

このほかにも、不定期でさまざまなプロモーションコードが配布されます。
アプリのトップ画面に表示されていることが多いので、しっかりチェックしましょう!

Uber Eats公式「特別オファー」も要チェック

UberEatsには「特別オファー」というページがあり、各種割引を行なっている店舗が以下のように一覧で表示されます。

割引案内の画像
https://www.ubereats.com/jp

普段であれば、主に「〇〇円以上で〇〇円」(1,000円以上で100円、2000円以上で300円など)という割引が多いです。

しかし、2020年10月14日までは「食べて応援!2倍届いて2倍元気に」というキャンペーンが開催中。

1つ頼むと同じ商品がもう一つ無料になり、とてもお得ですよ。(以下参考画像)

キャンペーン案内画像
https://www.ubereats.com/jp

このようにさまざまな特別オファーが常にあるので、UberEatsを利用するときはぜひチェックしてみてください。

Uber Eatsの使い方![ダウンロード・設定・注文・受取まで]

Uber EatsのアプリはiOS、Androidの両方に対応しています。iPhoneの場合はAppストアから、Androidの場合はGoogle Playからダウンロード可能です。

iPhoneでは、以下のような画面からダウンロードします。Appストアにアクセスし、「Uber Eats」で検索します。このアイコンのアプリが表示されるため、これをダウンロードしましょう。

Uber Eats iPhoneアプリ

Androidのスマートフォンで利用するためには、Google Playにアクセスし、同じく「Uber Eats」アプリを検索します。「インストール」ボタンをクリックするとダウンロードできます。

Uber Eats Androidアプリ

Uber Eatsを利用する前に

アプリを起動後に、すぐお店を見ることは可能ですが、注文には利用者登録を済ませる必要があります。会員登録には電話番号とメールアドレス、氏名の入力が必要です。

①まず最初に求められるのが電話番号の入力です。アプリをダウンロードしたスマホの電話番号を入力しましょう。

Uber Eats電話番号認証

入力した電話番号にSMSで認証コードが届きます。コードを入力し、認証を完了させます。

Uber Eats認証画面

③認証が完了すると、手順は残りあと少しです。eメールアドレスとパスワード、氏名を入力して、注文する準備が整います

Uber Eatsメールアドレス入力画面
Uber Eatsパスワード入力画面

「食べたいもの」を注文する方法

利用者情報の登録が完了すると、いよいよ「食べたもの」を注文することができます。

①食べたいもののジャンルを選択します。今回は「Bubble Tea」(タピオカ)を選択しました。

Uber Eats料理ジャンル

②タピオカ店を選択すると、周辺のデリバリー可能な店舗が一覧で表示されます。[お店の評価]や[配達料]、[配達にかかる時間]などの情報が一目で確認できます。

タピオカ店舗一覧画面

③お店を決定し、欲しいメニューを選択します。デリバリーに対応しているメニューのみが注文可能なので、実店舗にあるメニューでもデリバリー注文はできないケースがあるので注意が必要です。

ゴンチャ店舗画面

④注文するメニューを決めると、カート内からオーダーを確認します。今回は以下のメニューを注文しました!

注文確認画面

⑤注文内容に間違えがなければ、支払い方法の選択に移ります。クレジットカードやLINE Payなど、様々なキャッシュレス決済方法を利用することができます。「支払い方法を追加」ボタンから、追加することができます。

支払い登録/選択画面

⑥今回はLINE Payを利用しました。Uber Eatsアプリから、LINE アプリに遷移し、支払いを進めます。支払い内容を確認できたら、一番下の緑のボタンをタップします。

Uber Eats LINE Pay支払い画面

⑦決済方法と支払い金額を確認

Uber Eats支払い確認画面

決済を完了させる前に一度確認したいのが「クーポン利用の有無」です。注文確認画面で、クーポンコードを入力することができます。今回利用したのは、「LINE Payを利用して初めて注文する方限定」の1000円オフクーポンです。

Uber Eats LINE Payクーポン詳細画面

⑨クーポンを有効化すると、注文を完了します。その後、以下のような画面が表示されます。

注文状況確認画面
配送状況確認画面
配送時間確認画面

この画面で確認できるのは、

  • 商品到着予定時刻
  • 商品の準備状況
  • ドライバーの位置情報
  • 到着までの残り時間

などの情報です。

商品をおうちまで届けてくれるのは、街でもよく見かける「Uberパートナー」(ドライバー)です。自転車が主流ですが、車やスクーターで届けてくれる方もいます。アプリ内でドライバーと直接連絡を取ることができるため、安心ですね。

配達完了画面

商品を受け取ると、ドライバーを評価する画面に遷移します。その後、登録したメールアドレスにレシートが届きます。支払いの内容を保存しておくことができるため、家計管理にも役立ちます。

Uber Eatsバーチャルレシート

今回は、お家にいながら美味しいタピオカを楽しみました!

Uber Eatsで購入したゴンチャタピオカ

Uber Eatsの対応地域

Uber Eatsは現在、日本全国どこでも使えるというわけではありません。利用可能地域が限定されており、お住いの地域がその対象になっていなければ利用しづらいかもしれません。日本国内のUber Eats利用可能地域は20の都市になります。東京都全域や千葉県・埼玉県の一部、横浜市、川崎市、大阪市、名古屋市、仙台市、神戸市、金沢市、福岡市などの主要都市はもちろん、以下の都市も対象になっています。

  • 福山市
  • 広島市
  • 北九州市
  • 高知市
  • 久留米
  • 京都市
  • 松山市
  • 岡山市
  • 高松市

高い利便性が評判を呼んでいるUber Eats、これからも利用可能地域が拡大される見込みです、

Uber Eatsで注文可能なお店・メニュー

現在国内でUber Eatsに登録している店舗は14,000店舗(2020年4月現在)に上ります。ファストフードやファミレスなどの大手チェーンはもちろん、街の個人経営のお店も登録しています。知らなかった名店に出会うこともできますね。

大手チェーンで注文可能なお店は以下の通りです。これらのお店では、ほぼ全ての料理あデリバリーの対象となっていますが、注文可能メニューの詳細はUber Eatsのアプリ内で確認する必要があります。

ファミレス
ジョナサン・ガスト・デニーズ・いきなり!ステーキ
ファストフード(ハンバーガー・ビザ・洋食等)
マクドナルド・フレッシュネスバーガー・モスバーガー・バーガーキング・ロッテリア・ピザハット・SUBWAY・ケンタッキー
ファストフード(和食系・その他)
松屋・吉野家・スシロー・ほっともっと・牛角・ファーストキッチン
デザート・パン・カフェ等
コージーコーナー・コメダ珈琲・サーティーワン・スターバックス・各種パン屋さん

Uber Eatsでは、その日の気分に合わせて様々な料理のジャンルからメニューを選ぶことができます。上記で紹介したタピオカ以外にも、中華や寿司、カレーやサンドイッチ、丼、韓国料理、メキシカン料理などがあります。メニューの写真を見ながら決めることができるため、最も食べたいものが見つかりやすくなります。

さらに、知られざる名店を見つけるために参考にしたいのが、Uber Eatsの公式ブログサイトで紹介されているメニューサイトです。ハンバーガーやクレープなどのジャンルごとに、おすすめの店舗の商品がまとめられています。大手チェーンの商品以外にも、隠れた名店を見つけることができます。

Uber Eatsの公式ブログサイトはこちらから!

Uber Eatsは支払い方法でお得に!デリバリーを楽しもう

割高なイメージがあるUber Eatsですが、支払い方法やプロモーションコード、特別オファーを利用することでとてもお得に利用できます。

外食に行きづらい状況で、個人店の料理をデリバリーしてもらえるのは「UberEats」最大の強みと言って良いでしょう。

そういったお店でデリバリーすることで、お店を応援することにも繋がります。
ぜひ、普段足を運べなかったお店の料理をデリバリーして、おうちごはんを楽しみましょう!

この記事のライター:満畑ペチカ/Webライター

満畑ペチカ/Webライター

満畑ペチカ/Webライター

Webライター

楽天経済圏を中心に、無理せずおトクになる生活を心がけるフリーWebライター。外食費はほとんど楽天ポイントでまかなっています!おトクな情報を、丁寧にわかりやすくお伝えして行きます。AIクレジット株式会社ライター。

この記事のライター:Maya Shinoda / AI-Credit専属ライター

Maya Shinoda / AI-Credit専属ライター

Maya Shinoda / AI-Credit

AI-Credit専属ライター

キャッシュレスでお得に生活するためには情報が不可欠!お得な生活をサポートする情報を、わかりやすく迅速にお伝えします。AIクレジット株式会社ライター。

Maya Shinoda / AI-Creditの関連記事

AI-Creditのおすすめのテーマ